サーフィン channel island – Channel Islands CHANCHO in torq X Lite

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

Channel Islands CHANCHO in torq X Lite




商品名:CHANNEL ISLANDS チャンネルアイランド BEACH UMBRELLA ビーチアンブレラ パラソル 日傘 日除け傘 サーフィン 海水浴 レジャー AL MERRICK アルメリック【あす楽対応】
ショップ:フォローズ surf&snow

詳細:メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載していますCHANNEL ISLANDS 正規販売店 BEACH UMBRELLA 海水浴やビーチ遊びの必須アイテム! 日焼け対策・暑さ対策はもちろんのこと、今だからアウトドアでも距離を保つアイテムとしてパラソルが活躍します! [サイズ] 直径:約

「サーフィン channel island」にどんなものがあるか見てみる>サーフィン channel island

メインブレイクかザ・ボックスか!?CTサーファーのウォームアップサーフ動画

via youtube

例年とは大きく異なった2021年シーズンCT(チャンピオンシップツアー)におけるオーストラリアンレグ。

イベント数が増えたりイベント会場が大幅に変更になったことはもちろんのこと、NSW(ニューサウスウェールズ)州からWA(ウエスタンオーストラリア)州への移動もチャーター機を利用していたためです。

今回の動画は、WA州マーガレットリバーで開催されたCTイベント前のウォーミングアップセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク





チャーター機での団体移動ということで、例年であれば早めに西オーストラリア入りするCTサーファーも少なくなかったのですが、個人の意思での移動ができなかった今季。

早めに西オーストラリア入りする理由は、手付かずの自然と豊富なバリエーションの波質を楽しめることから、西オーストラリア好きなサーファーが多いためです。

コロナ禍ということで制限付きながらもCTサーファーたちが西オーストラリア入りすると、タイミング良くスウェルが入っていたということで、バックアップ会場のザ・ボックスが使えるコンディションだったそうです。

ここで悩むのが、メイン会場のメインブレイクもしくはバックアップ会場のザ・ボックスのどちらで入るのか。

コンテストの開催予定ではサイズ的にメインブレイク開催が濃厚だったので、仕事的に考えればメインブレイクで練習した方がベターなのは明白。

なのですが、サーフィンを仕事とするプロサーファーと言っても一人のサーファーであり、バレルでやりたい気持ちも山々。

その狭間で悩んだのがグリフィン・コラピントでしたが、CTでは行動を共にするセス・モニーツから「何のためにサーフィンしてるの?」と問われ、我に返ったグリフィンはザ・ボックスを選んだとか。

どのサーファーがどちらのサーフスポットでサーフしているのかをチェックして見るのも、サーファーの個性を知る上でも面白いかもしれません。

出演している主なサーファーは以下となります。

*ジョンジョン・フローレンス

*ガブリエル・メディナ

*ジョーディ・スミス

*グリフィン・コラピント

The post メインブレイクかザ・ボックスか!?CTサーファーのウォームアップサーフ動画 first appeared on World Surf Movies.

引用元
メインブレイクかザ・ボックスか!?CTサーファーのウォームアップサーフ動画

サーフィン channel island関連NEWS
スクリーンがデジタルボードに変身!「GoTouch(ゴータッチ)」動画ショッピングサイト「DISCOVER」で販売開始 – 日刊工業新聞(GoogleNewsより)
スクリーンがデジタルボードに変身!「GoTouch(ゴータッチ)」動画ショッピングサイト「DISCOVER」で販売開始  日刊工業新聞