ウェットスーツ ロングスリーブ・スプリング – HURLEY WETSUITS 2020 FREEDOM ELITE

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

HURLEY WETSUITS 2020 FREEDOM ELITE




商品名:ビラボン Billabong レディース SALTY DAYZ LS SPRING 2mm ロングスリーブスプリング bb013882
ショップ:DLIGHT by the Sea(バイザシー)

詳細:メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載していますBRAND Billabong / ビラボン 1973年、オーストラリアの一流サーファーであるゴードン・マーチャントが手製のボードショーツを作ったのが始まりである。80年代には、アメリカ、ニュージーランド、インドネシア、ヨーロッパ、日本へ

「ウェットスーツ ロングスリーブ・スプリング」にどんなものがあるか見てみる>ウェットスーツ ロングスリーブ・スプリング

森 大騎、3年ぶりに地元で決めた勝利。田岡なつみ開幕2連勝。JPSAロング第2戦「9GATES. PRO 太東」

写真、リポート:山本貞彦  JPSA ロングボード第2戦「9GATES. PRO 太東」は大会3日目で、本日が最終日。今日は女子のR-2から始まり、男子、女子ともファイナルまで行い今大会のチャンピオンが決定した。

男子優勝・森大騎
女子優勝の田岡なつみ

今日の大会会場の天候は朝は雲が多かったものの、概ね晴れ。波は膝でセットでモモ。昨日よりも波数が少ないか。

風は無風からサイドで午後から強く吹く。昼に向け潮が引き、流れも入り厳しいコンディション。アウトから乗れそうで、乗れない。波のブレイクも安定せず、割れ方も早いのでキレた波を見つけたもん勝ち。

優勝した田岡なつみと森大騎

男子優勝:森 大騎 2位:井上 鷹
3位:塚本 将也、秋本 祥坪

5位:西崎 公彦、山本 誠愁、堀井 哲、内村 喜章

女子優勝:田岡 なつみ 2位:吉川 広夏
3位:市川 梨花、大池 裕美子

5位:大島 みどり、岡村 頼子
7位:井上 楓、伊藤 奈央子

父親となった3XJPSAグランドチャンピオン森大騎。地元で3年ぶりの勝利。

ヒートを勝ち上がるとともに調子を上げていった森 大騎。井上 鷹との決勝は、残り12分を切って、逆転に次ぐ逆転。波のセレクトが良かった上に、落ち着いて自分の演技に集中した。

今大会の賞金はラウンドアップマネー方式に加え、スポンサーの「さわかみグループ」様から副賞として10万円が贈られ、賞金総額は¥407,000を獲得。優勝おめでとう!

「朝シングルフィン乗ってテストしたんですけど、あまり良くなかったんでシングルスタビにしました。やっぱり最後のリエントリーが必要ですから。

大会自体も間が空いてしまって、先週(開幕戦)もセミファイナルで負けていたので、今週に気合い入れていました。

地元での優勝は本当に嬉しいですね。最初の7点の波は思っていたより張っていて、自分が想像していたよりも波が良かったです。ホームで応援してもらって、一勝できて嬉しいです。このまま気を抜かず、頑張りたいと思います。」

井上 鷹
絶妙なボードコントロールに加え、ノーズの演技では必ずハングファイブからハングテンを入れてくる井上。波がプアーな状況の決勝を考え、試合スタートと同時に仕掛けるもパワーない早い波に手こずり、点を伸ばせず。優勝候補筆頭であったものの、「試合は最後までわからない」ということを身をもって体験した。次回にリベンジを誓った。

小波を克服。田岡なつみ、開幕2連勝。

田岡 なつみ
相手が吉川 広夏であり、波が厳しいと判断して、決勝では先手必勝で攻め続けた。プライオリティが無くても、インサイドでレールワークを駆使して、板を切り返す。波に乗りまくって、ポイント積み上げてそのまま逃げ切り。

小さい波は勝てないという評判を払拭して嬉しい優勝。今大会の賞金はラウンドアップマネー方式に加え、スポンサーの「さわかみグループ」様から副賞として5万円が贈られ、賞金総額は¥135,000を獲得。これでJPSAツアー開幕から2連勝!おめでとう!

ファイナルは難しい波で、前半に点数を出して、自分を落ち着かせたいなと思って、前半に攻めていこうという作戦でした。思い通りに5点台を出せて良かったです。

昔は小波に対して苦手意識があったんですけど、今回の試合は自信につながったかなと思います。去年から試合の無いなか、自分のなかでトレーニングを続けてきましたので、結果が出せて嬉しいです。今日は優勝を喜んで、また明日から練習に励みたいと思います。

吉川 広夏
セミファイナルで今大会でのシングルハイエストの9.00ポイントに7.00ポイントで、トータル16.00ポイントとこちらもハイエスト。波の選択も良かったが、ノーズの決める位置もよりディープに。


スープを抜けてリフォームした波をインサイドまで乗り継ぎ、丁寧にサーフした。ボードをコントロール、技をかける位置も厳しいところに当てていたことが評価。

試合の感覚もだいぶ戻ってきて楽しくできました今回の結果も自分の成長に繋がる良い出来事と受け止めて次に進んでいきます。サーフィンもっともっと上手くなりたい」と自身のSNSでコメントした。

塚本将也
QFではサーフボードをシングルフィンに変えて、その作戦がまさに的中。潮が引きすぎて厳しいコンディションのなかでも長いハング5を決めて8.90をスコアし、セミファイナルに進出。3位でフィニッシュ。

秋本 祥坪
相性の良い、太東の波に合わせ、ブレないスムースなノーズライディングで勝ち上がった。QFでは切れている波が見えていた秋本。「ノーズを引っ張り過ぎると当てるタイミングが遅れてしまうので、それを調整したい。」と自分をコントロールしていたが、惜しくもSFでは波運に見放されてしまった。

内村喜章
ハワイ育ちで、ワイキキビーチで唯一の日本人サーフィンインストラクターという意外な経歴の持ち主である内村喜章。

2019年に今回と同じ太東の試合でJPSAプロ公認を獲得した、39歳ベテランサーファー内村は、ハワイ仕込みの安定感のあるノーズライドを武器にラウンド1からすべて1位通過。しかしQFでは塚本にまさかの8.90をスコアされて惜しくも敗退となった。今後の活躍に期待。

西崎公彦
R3では井上鷹を抑えてトップ通過を果たした西崎公彦。「良い波乗れて自分の思うようなサーフィンができました」とコメント。今回は、尾頭シェイプで重目のEPSシングルスタビを使用。好調なサーフィンでQF進出を果たした。

堀井哲
先週一宮で行われた開幕戦では準優勝の堀井。あまりに違いすぎるコンディションに戸惑いながらも、しっかりと調整。「久しぶりのマンオンマンなので緊張するんですけど、一つ一つ勝ち上がっていきたい」とQF進出を果たした。

山本 誠愁
2015年、2016年NSA級別ロング2連覇、2016年に全日本ロングメンクラス優勝し、アマチュア時代の輝かしい戦歴を持ってJPSA公認プロとなった山本。今回もパワフルなサーフィンで5位タイとなった。

市川梨花
今回はセミファイナル進出を果たし、前回の開幕戦に続き、2試合連続で3位となった市川梨花。「試合で学んだことをしっかり次に活かせるように、また明日から頑張ります!」とSNSでコメント。

大池 裕美子
開幕戦ではR2で敗れたものの、今回は安定した強さを見せて、セミファイナル進出を果たした。大池選手は、2015年には千倉で優勝、年間ランキング2位という実績の持ち主。今シーズンはベテラン選手として再び脚光を浴びることとなるか。

大会横では、今大会のスポンサーの9GATES様のサーフィン体験イベントも行われた。

試合が終われば笑顔。(田岡 なつみと市川 梨花)

いつも仲が良い井上兄妹。今回は妹の楓、桜ともプロ公認資格を獲得。これからが楽しみだ。

【Surfing for all がんばろう日本!】
JPSA2021 さわかみ Japan Pro Surfing Tour ロングボード第2戦

9GATES. PRO 太東

期日:6月10日(木) ~ 6月12日(土) 予備日:13日
※プロトライアル同時開催
会場:千葉県いすみ市 太東ビーチパーク

【ABEMA LIVE配信URL】
■6/10(木) 大会1日目
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/Dxgq7KALqZNLkF
■6/11(金) 大会2日目
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/DjJBDz1qBL97VZ
■6/12(土) 大会3日目
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/Dxgq8EKB6uccpP

今シーズンもサーフメディアは現地から最新情報をお伝えします。

https://twitter.com/SURFMEDIAJAPAN/

https://www.facebook.com/SURFMEDIA.JP

JPSAオフィシャルサイト:http://www.jpsa.com/

引用元
森 大騎、3年ぶりに地元で決めた勝利。田岡なつみ開幕2連勝。JPSAロング第2戦「9GATES. PRO 太東」

ウェットスーツ ロングスリーブ・スプリング関連NEWS
◆サーフィン初心者ガイド◆ウェットスーツ基本の種類 – THE SURF NEWS「サーフニュース」(GoogleNewsより)
◆サーフィン初心者ガイド◆ウェットスーツ基本の種類  THE SURF NEWS「サーフニュース」