ロングボード 9'4 – 【ロングボードHOW TO 12】テイクオフ強化❗️ズバリ❗️これを見ればアナタもテイクオフマスター‼️

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

【ロングボードHOW TO 12】テイクオフ強化❗️ズバリ❗️これを見ればアナタもテイクオフマスター‼️




商品名:ハワイで上達 ロングボード!! ラスケイズ ロングボードSP版 【DVD】
ショップ:ハピネット・オンライン

詳細:商品種別DVD発売日2010/07/17ご注文前に、必ずお届け日詳細等をご確認下さい。関連ジャンルスポーツ商品概要ロングボードサーフィンの聖地ハワイで、初級から中級者クラスが上達できるハウツーを、元3年連続世界チャンピオンのラスケイが実践のサーフィンで解説してくれるスペシャル版。ボードの特性から、ス

「ロングボード 9’4」にどんなものがあるか見てみる>ロングボード 9’4

ジョアン・ドゥルーの金メダルでフランスがチームタイトルを獲得、サリー3つ目の金メダル。日本は銀メダル

エルサルバドル、2021年6月6日-日曜日、ラ・ボカナのブレイクで開催された「2021サーフシティ・エルサルバドルISAワールド・サーフィン・ゲームス」において、チーム・フランスが団体金メダルを獲得した。

ジョアン・ドゥルーの個人金メダルとジェレミー・フローレスの銅メダルをはじめ、チーム・フランスは、この日の最終ヒートで銀メダルのチーム・ジャパンを上回り、51カ国の頂点に立った。フランスにとっては、2017年に自国開催となったフランス大会以来の金メダルである。

「まだ信じられないほど興奮しています」と金メダルを獲得したジョアン・ドゥルーが言った。「ここまでうまくいくとはまったく思っていませんでした。私は1年以上ステイホームしていました。スポンサーも失って。そんなときにこのコンテストが開催されたので、4週間前からトレーニングを再開したんです。優勝したことが信じられません」。

躍進する波乗りジャパン。

団体で銀メダルとなった波乗りジャパンPHOTO: ISA Ben_Reed

フランスに続いて銀メダルを獲得したチーム・ジャパンは、3大会連続でチームとして表彰台に上がり、2020年の東京オリンピックに向けて日本のサーフィンが大きく成長していることを証明した。

日本は、2018年の愛知県田原の大会で初めてチーム金メダルを獲得し、2019年大会では銅メダル、そして2021年大会では銀メダルを獲得した。ポルトガルは銅メダル、ペルーはカッパーメダルを獲得した。

サリーは、ワールド・サーフィン・ゲームスで初の3つ目の個人金メダルを獲得したサーファーとなる

サリー PHOTO: ISA Pablo_Franco

オーストラリアのサリー・フィッツギボンズは、ワールド・サーフィン・ゲームスで個人の3つ目の金メダルを獲得した史上初のアスリートとなり、歴史に名を残した。

フィッツギボンズは、2008年に初めてこの偉業を達成した後、2018年に2度目の金メダルを獲得。2021年は彼女にとって3度目の金メダルとなり、オリンピックデビューに向けて勢いをつけていく。

「このイベントは、私たちの精神的な強さを試すための非現実的なプラットフォームになっています」とフィッツギボンズが言った。「週の終わりに金メダルを身につけているなんて信じられません。」

サリー PHOTO: ISA Pablo_Franco

「この大会は、私たちの精神的な強さを試すための非現実的なプラットフォームです。競い合い、すべてのオリンピアンが出場権を得るのを見るのは素晴らしいことです。ワールドツアーに参加していると、他の多くのオリンピック選手とサーフィンする機会がありません。彼らと対戦することは良い練習になりますし、他のオージーチームとの絆を深める時間にもなります」

「サーフィンはついに世界的なスポーツになりました。認知度も上がってきました。私たちはオリンピックに出場します。それが自分のキャリアの節目となるのは素晴らしいことです。私はこのスポーツが大好きなので、できる限り続けていきたいと思っています」。

大原がオリンピックの最終枠を獲得

大原洋人  PHOTO: ISA Ben_Reed

最終日を迎えた時点で、オリンピックの出場枠の全40枠のうち39枠が決定しており、今大会で獲得できる枠は残り1枠となっていた。その最後の枠を決めるのは、日本の大原洋人と村上舜という2人のチームメイトによる男子リパチャージ・ファイナルという舞台となった。

大原は、9ポイントを含むエクセレントレンジの波を2本マークして、その勝負に圧勝。大原はグランドファイナルに進出して出場枠を確保。条件付き内定を得ていた村上舜は、最後の最後で惜しくも代表入りを逃す結果となってしまった。

女子のファイナリスト PHOTO: ISA Pablo_Franco

女子のグランドファイナルには4人のオリンピック選手が出場

この日、最初のメダリストを決めるために行われた女子グランドファイナルには、すでに東京2020の出場権を獲得している4人のサーファーが出場した。

オーストラリアのサリー・フィッツギボンズは、2019年のWSLチャンピオンシップ・ツアーから出場権を獲得し、ポルトガルのヨランダ・セケイラ、ポルトガルのテレサ・ボンバロ、ペルーのダニエラ・ロサスといった土曜日の試合で出場権を獲得した3人のサーファーと対戦。フィッツギボンズが圧勝し、金メダルを獲得した。

男子グランドファイナルでは日本とフランスのデュオが対戦

ジョアン・ドゥルー  PHOTO: ISA Ben_Reed

男子グランドファイナルでは、サーフィン界のトップレベルのタレントたちが登場し、東京2020のサーフィンを予感させる素晴らしいバトルが展開された。

ジョアン・ドゥルー PHOTO: ISA Ben_Reed

フランスのジョアン・ドゥルーとジェレミー・フローレスは、日本の五十嵐カノアと大原洋人と対戦。このファイナルヒートは、男子のメダリストだけでなく、チームの総合順位も決定するヒートとなった。

そのファイナルでドゥルーは、忍耐強い戦略をとり、3本の波しか乗らなかったが、その3本の波でヒートトータル14.94を記録し、その後もリードをキープ。

五十嵐カノア  PHOTO: ISA Ben_Reed

日本の五十嵐は、高いパフォーマンスのマニューバーでドゥルーに食い下がったが逆転できず、2018年の田原大会の時と同じ銀メダルを獲得しフィニッシュとなった。

フローレスの銅メダルとデュルの金メダルは、チーム・フランスがチーム総合金メダルを獲得するのに十分であり、大原はカッパーメダルを獲得し大会は幕を閉じた。

ドイツのレオン・グラッツァーは、イベント全体で最高のヒート・トータルをスコア

レオン・グラッツァー(GER)PHOTO: ISA Sean_Evans

土曜日にオリンピック出場枠を獲得したことを知ったドイツのレオン・グラッツァーは、まるでオリンピック選手のようにサーフィンをし、イベントの最高のヒート・トータルを記録。グラッツァーのエアリアルは、完璧に近い18.46のヒート・トータルをマークし、これは男女を問わず、このイベントの他のどのヒート・トータルよりも高いものとなった。

「昨日は私の人生の中で最も大きな日の一つでした。毎日起きて、オリンピックが目の前にあることを感じながら、感情のジェットコースターのような日々を過ごしてきたのです。

何が起こったのかはわかりませんが、昨夜は痛みで目が覚め、嘔吐しました。でも、今日はとにかくサーフィンをしようと決めました。楽しもうと思って、自由にサーフィンをして、人生で最も楽しいヒートをでしたね。」

ISAが閉会式でオリンピアンを表彰

オリンピアンとなったサーファー PHOTO: ISA Sean_Evans

閉会式では、ISAが出席したすべてのオリンピック選手をステージに上げ、初のオリンピックサーファーとなった彼らの歴史的な功績を称えた。

ISA会長のフェルナンド・アギーレは、予選通過者一人一人に、東京2020年のサーフボードのフィンをモチーフにした記念トロフィーを贈呈し、彼らの功績を称えた。

さらにアギーレ会長は、エルサルバドル政府がこの歴史的なイベントを開催するために強いコミットメントとサポートをしたことを認め、モレナ・バルデス観光大臣に表彰状と開会式で使用した「世界の砂」を贈呈し、イベントのレガシーがエルサルバドルに残るようにした。

サーフィンのオリンピック予選は終了。

今大会をもって、2020年東京大会におけるサーフィンのクオリフィケーションシステムは終了した。4つの予選イベントを経て、40名のアスリート全員が資格を獲得した。2019年WSL CT、2021年World Surfing Games、2019年World Surfing Games、2019年Pan American Games。

40名の予選通過者は17カ国から集まっており、サーフィンの世界的な広がりと魅力を象徴している。

サーフィンの力を信じ、サーフィンを通じて世界をより良い場所にするということが私たちの使命

ISA会長のフェルナンド・アギーレは次のように述べている。

「ここエルサルバドルでのサーフィンは歴史的な1週間となりましたが、決して軽々しく言えることではありません。私たちは、パンデミックが始まって以来初めて、世界中から51のサーフィン国が平和に集まる安全な環境を作ることができました。

それだけでも偉業ですが、さらに、サーフィンのオリンピック予選を成功させ、世界中から40人のサーファーのオリンピックへの夢を確認することができました。これは、今後何十年、何百年にもわたってサーフィンの歴史に残る瞬間であり、最初のオリンピックサーファーを公式に発表した日でもあるのです。

エルサルバドルは、この世界的なイベントを運営するのに最適な会場を提供してくれました。一週間を通して波が止まず、世界最高のナショナル・サーフィン・チームが自分たちのサーフィンを披露することができました。

サーフィンの力を信じ、サーフィンを通じて世界をより良い場所にするという私たちの使命を信じてくれたエルサルバドルのネイブ・ブケレ大統領には、特に感謝したいと思います。」

「オリンピックの波を捕まえるのに、22年間パドリングを続けてきました。それが実現しました。そして、私たちには最初の40人のオリンピック選手がいます。オリンピックの波は私たち一人一人のものです。」

毎回、ISAの試合は長丁場で、体力と気力の勝負みたいな部分も多い。今回の波乗りジャパンの活躍で、感動の毎日だった。本当にお疲れ様と言いたい。

今回初めて、オリンピックの明暗を経験した波乗りジャパンのサーファーたち。これまでは自分やチームの名声のために戦い、そして仲間を応援してきた。もちろん今回も仲間と共に精一杯戦った。

チームでの戦いとはいえ、個人のオリンピック出場がかかっていた今大会。

勝負の世界、スポーツの世界では当たり前のこととは分かっていても、これまでスポーツとして成熟しきれていなかったサーフィン競技で初めて味わった喜びと挫折。

オリンピックはひたむきな選手たちの明暗や奇跡のドラマに心を動かされる。これを乗り越えていかなければならないのだということは周りの誰より選手が一番理解していることなのかもしれない。サーフィン競技おいても、本当のアスリートとしての心のケアが求められてくるのだろう。

最終結果

オープン・メンズ

ゴールド・メダル::ジョアン・ドゥルー(FRA)
シルバー・メダル:五十嵐カノア(JPN)
ブロンズ・メダル:ジェレミー・フローレス(FRA)
カッパー・メダル::大原洋人(JPN)

オープン・ウイメンズ

ゴールド・メダル::サリー・フィッツギボンズ(AUS)
シルバー・メダル:ヨランダ・セケイラ(POR)
ブロンズ・メダル:テレサ・ボンバロ(POR)
カッパー・メダル::ダニエラ・ロサス(PER)

チームランキング

ゴールド・メダル:フランス
シルバー・メダル :日本
ブロンズ・メダル:ポルトガル
カッパー・メダル::ペルー
5位:オーストラリア
6位:ドイツ
7位:アルゼンチン
8位:チリ
9位:インドネシア
10位:スペイン

全チームのランキングはこちらをご覧ください。

東京2020オリンピック出場者

女子20名

2019年WSLチャンピオンシップツアー

カリッサ・ムーア(USA)
キャロライン・マークス(USA)
タティアナ・ウェストン・ウェッブ(BRA)
シルヴァナ・リマ(BRA)
ブリサ・ヘネシー(CRC)
サリー・フィッツギボンズ (AUS)
ステファニー・ギルモア (AUS)
ジョアン・ディフェイ(FRA)

2021年ワールド・サーフィン・ゲームズ

ヨランダ・セケリア(POR)
テレサ・ボンバロ(POR)
ダニエラ・ロサス(PER)
レイラニ・マクゴナグル(CRC)
前田マヒナ(JPN)
都筑有夢路(JPN)
ポーリン・アド(FRA)

2019年ワールド・サーフィン・ゲームズ

アナト・レリオル(ISR)
ビアンカ・ブイテンダグ(RSA)
エラ・ウィリアムズ(NZL)
ソフィア・ムラノビッチ(PER)

2019年パンナムゲームズ

ドミニク・バローナ(ECU)

男子20名

2019年WSLチャンピオンシップ・ツアー

ガブリエル・メディーナ(BRA)
イタロ・フェレイラ(BRA)
コロヘ・アンディーノ(USA)
ジョン・ジョン・フローレンス(USA)
オーウェン・ライト(AUS)
ジュリアン・ウィルソン(AUS)
ジェレミー・フローレス(FRA)
ミシェル・ボレーズ(FRA)
五十嵐カノア(JPN)
ジョーディ・スミス(RSA)

2021年ワールド・サーフィン・ゲームズ

レオン・グラッツァー(GER)
ミゲル・トゥデラ(PER)
ルッカ・メシナス(PER)
マニュエル・セルマン(CHI)
大原洋人(JPN)

2019年ワールド・サーフィン・ゲームズ

和井田理央(IND)
フレデリコ・モライス(POR)
ビリー・ステイルマンド(NZL)
ラムジ・ブキアム(MAR)

2019年パンナムゲームズ

レアンドロ・ウスナ(ARG)

ライブ中継、詳細スケジュールなどは、大会オフィシャルサイトにてご確認ください。

https://isasurf.org/

引用元
ジョアン・ドゥルーの金メダルでフランスがチームタイトルを獲得、サリー3つ目の金メダル。日本は銀メダル

ロングボード 9’4関連NEWS
【ハワイアンルーツレゲェバンド】Humble soul Jahpan ツアー2016スケジュール決定!8/19より本格始動! – なみある?(GoogleNewsより)
【ハワイアンルーツレゲェバンド】Humble soul Jahpan ツアー2016スケジュール決定!8/19より本格始動!  なみある?