小川直久が大腸がんの摘出手術と抗がん剤治療を告白について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

小川直久が大腸がんの摘出手術と抗がん剤治療を告白

1995年のJPSAグランドチャンピオンでJPSAの副理事長を務め、49歳の今年も現役でJPSAツアーを回る予定だった小川直久が潰瘍性大腸炎が悪化して大腸がんになり、2021年2月にがんの摘出手術をして再発防止のために抗…