リーシュコード フェイマス – [スマイルレッスン 3]リーシュコードはみんなの命綱!

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

[スマイルレッスン 3]リーシュコードはみんなの命綱!




商品名:【FAMOUS】フェイマス Timmy6インチComp リーシュコード サーフィン 3カラー
ショップ:surf&snow 54TIDE

詳細:>>FAMOUSその他アイテム一覧はコチラ商品仕様 カラー ブルー・ブラック・レッド 商品詳細 8mmステンレススウィービル 溶解熱圧着による繋ぎ合せ トップクォリティPUコード 丁寧に折り重なる足首パーツ 精密に型取られたフォームを使用 キーポケット付 着脱式レールセイバー

「リーシュコード フェイマス」にどんなものがあるか見てみる>リーシュコード フェイマス

前回優勝のタティアナがまさかの最下位。タジもR2で敗退。男子R3ではカノアとコナーが対戦、都筑はコートニーと対戦

ロットネストアイランド、西オーストラリア、オーストラリア(2021年5月17日月曜日)2021年WSLチャンピオンシップ・ツアーの第5戦となるオーストラリア・レッグ最終戦「リップカール・ロットネスト・サーチ presented by Corona」は大会2日目が終了。

WATCH LIVE Rip Curl Rottnest Search presented by Corona – Day 2

昨日開幕した大会は、クリーンだがスローな2~3フィートのコンディションの中で、女子と男子のエリミネーション・ラウンド2が行われ、6名の選手が今大会から姿を消した。

うねりが下がり、オンショアが吹く予報が出ているため、イベント主催者は明日5月18日(火)の競技をOFFとし、5月19日(水)にコンディションを再確認し、次の判断を行う予定だ。

世界ランキング2位のウェストン-ウェブが早々に敗退

ブーストモバイル・マーガレットリバー・プロで優勝したタティアナ・ウエストン-ウェブ(ブラジル)は、現在世界ランキング2位。しかし、昨日のオープニング・ラウンドで敗れて、ラウンド2に回った。

タティアナ PHOTO: © WSL / Dunbar

そして、本日行われたニッキー・ヴァン・ダイクとワイルドカードのミア・マッカーシーとのラウンド2では、スローコンディションの中、ウェストン-ウェブは、ヴァンダイクとマッカーシーを上回るスコアを出すことができず、17位タイで敗退。前回の優勝からまさかの最下位。波数の少ないトリッキーなコンディションが引き起こした番狂わせとなった。

タジ・バロウ(AUS)はラウンド2で敗退。

タジ・バロウ PHOTO: © WSL / Dunbar

今大会に怪我で欠場した選手のリプレイスで、試合復帰を果たしたタジ・バロウ(AUS)は、グリフィン・コラピント(USA)とジャック・フリーストーン(AUS)とのラウンド2で敗退となった。

タジ・バロウ PHOTO: © WSL / Miers

CT歴18年のベテラン、バロウは、同世代の中で最もエキサイティングなサーファーと知られ、そのセンスを失っていないことを証明したが、35分間の戦いの中で1本のセットウェーブしか見つけられず、残念ながらストリックランドのスローコンディションの犠牲となった。

グリフィン・コラピントPHOTO: © WSL / Miers

「いつものヒートとは違う感じでしたね」と、そのヒートを勝ったグリフィン・コラピントが言った。「いつものプレッシャーはありませんでした。タジと僕は、どんなボードを使っているかとか、彼の人生で何が起こっているかなどを話していて、普通のフリーサーフィンのように感じました。

ジャックとタジは、このような波ではハイパフォーマンスなサーファーなので、何が起こってもおかしくないと思い、少し緊張していました。レフトに的を絞ったら案の定、セットが来たので良かったです」

また、CT歴15年のジェレミー・フローレス(FRA)も敗退。ピーターソン・クリサント(ブラジル)ジャドソン・アンドレ(ブラジル)もここでイベントから姿を消した。

明日5月18日(火)はコンディション不良のため大会はOFFが決定、ネクストコールは日本時間の5月19日(水)8時15分。

試合が再開されれば、男子のラウンドオブ32のヒート16では、五十嵐カノアがコナー・オレアリーと対戦。女子のラウンドオブ16のヒート8では都筑有夢路が、コートニー・コンローグと対戦。どちらのヒートも見逃せない。がんばれ!日本!

詳細については、WorldSurfLeague.comをご覧ください。

男子:Rip Curl Rottnest Search presented by Corona

女子:Rip Curl Rottnest Search presented by Corona

Rip Curl Rottnest Search Women’s Elimination Round 2 Results:
HEAT 1: Nikki Van Dijk (AUS) 10.10 DEF. Mia McCarthy (AUS) 7.16, Tatiana Weston-Webb (BRA) 4.77
HEAT 2: Isabella Nichols (AUS) 13.33 DEF. Bronte Macaulay (AUS) 13.10, Brisa Hennessy (CRI) 9.23

Rip Curl Rottnest Search Women’s Round of 16 Matchups:
HEAT 1: Caroline Marks (USA) vs. Malia Manuel (HAW)
HEAT 2: Sally Fitzgibbons (AUS) vs. Macy Callaghan (AUS)
HEAT 3: Stephanie Gilmore (AUS) vs. Nikki Van Dijk (AUS)
HEAT 4: Tyler Wright (AUS) vs. Sage Erickson (USA)
HEAT 5: Carissa Moore (HAW) vs. Mia McCarthy (AUS)
HEAT 6: Isabella Nichols (AUS) vs. Bronte Macaulay (AUS)
HEAT 7: Johanne Defay (FRA) vs. Keely Andrew (AUS)
HEAT 8: Courtney Conlogue (USA) vs. Amuro Tsuzuki (JPN)

Rip Curl Rottnest Search Men’s Elimination Round 2 Matchups:
HEAT 1: Griffin Colapinto (USA) 12.50 DEF. Jack Freestone (AUS) 11.16, Taj Burrow (AUS) 9.60
HEAT 2: Matthew McGillivray (ZAF) 12.23 DEF. Liam O’Brien (AUS) 10.90, Jeremy Flores (FRA) 9.10
HEAT 3: Caio Ibelli (BRA) 9.63 DEF. Stuart Kennedy (AUS) 9.16, Peterson Crisanto (BRA) 5.90
HEAT 4: Jacob Willcox (AUS) 13.50 DEF. Morgan Cibilic (AUS) 8.90, Jadson Andre (BRA) 7.10

Rip Curl Rottnest Search Men’s Round of 32 Matchups:
HEAT 1: Jordy Smith (ZAF) vs. Stuart Kennedy (AUS)
HEAT 2: Julian Wilson (AUS) vs. Wade Carmichael (AUS)
HEAT 3: Ryan Callinan (AUS) vs. Leonardo Fioravanti (ITA)
HEAT 4: Morgan Cibilic (AUS) vs. Deivid Silva (BRA)
HEAT 5: Filipe Toledo (BRA) vs. Liam O’Brien (AUS)
HEAT 6: Seth Moniz (HAW) vs. Jack Robinson (AUS)
HEAT 7: Frederico Morais (PRT) vs. Michel Bourez (FRA)
HEAT 8: Caio Ibelli (BRA) vs. Miguel Pupo (BRA)
HEAT 9: Gabriel Medina (BRA) vs. Kael Walsh (AUS)
HEAT 10: Matthew McGillivray (ZAF) vs. Owen Wright (AUS)
HEAT 11: Conner Coffin (USA) vs. Alex Ribeiro (BRA)
HEAT 12: Griffin Colapinto (USA) vs. Mikey Wright (AUS)
HEAT 13: Italo Ferreira (BRA) vs. Jacob Willcox (AUS)
HEAT 14: Adriano de Souza (BRA) vs. Ethan Ewing (AUS)
HEAT 15: Yago Dora (BRA) vs. Jack Freestone (AUS)
HEAT 16: Kanoa Igarashi (JPN) vs. Connor O’Leary (AUS)

引用元
前回優勝のタティアナがまさかの最下位。タジもR2で敗退。男子R3ではカノアとコナーが対戦、都筑はコートニーと対戦