サーフィン スリーディメンション – クローズから一変!?ミッドレングスフィッシュでサーフィンしてみた

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。




商品名:【中古】3Dimension surfboards(スリーディメンション) サーフボード [clear] 5’11” ショートボード
ショップ:アラソアン楽天市場店

詳細:[BOARD DATE] ■ブランド:3Dimension surfboards ■状態:使用感ありの中古。黄ばみあり。凹み多数あり。 小傷多数あり。左フィンBOX、テールにリペア跡あり。 ■リペア歴:あり。(修理箇所はリペア済みです) ■Length[全長]:5’11″(180.3cm) ■Wid

「サーフィン スリーディメンション」にどんなものがあるか見てみる>サーフィン スリーディメンション

2019/2020年シーズンに完全密着!カイ・レニーのドキュメンタリー動画

via youtube

マウイ島をホームとするハワイアンウォーターマンのカイ・レニー「Kai Lenny」(28歳)。

20代半ばの時点ですでにサーフィン界の殿堂入りを果たした稀有な存在です。

その理由としては、複数のウォータースポーツ競技においてトップレベルの結果を残すと言う類まれなアスリートであるためです。

今回の動画は、2019/2020年シーズンのカイ・レニーを追ったレッドブルによるドキュメンタリー映像をお届けします。


スポンサーリンク





動画自体は昨年末にレッドブルが公式サイトにて公開していましたが、ようやくYoutubeでの公開に至りました。

まずはカイ・レニーという存在に触れておくと、サーフシーンで知られるようになったのはWSLのビッグウェイブイベントに出場するようになってからのこと。

カイがマウイ島ジョーズで開催されたビッグウェイブイベントに初出場となったのは2015年のことなので、それほど昔の話ではありません。

当時の印象としては、突如としてビッグウェイブシーンに出てきたイメージがあったので人物像を調べてみると、SUP(スタンドアップパドルボード)の世界では複数回のワールドチャンピオンでした。

つまり、SUPで敵なしとなり他ジャンルの世界に来たのかと思えば違い、もともと海のコンディションに合わせて道具を変えて多様な競技を楽しんできたとのこと。

一般的にはショートボーダーならばショートボードのみというサーファーが多いのですが、カイにはそもそもジャンルという壁がなかったのです。

そのため、ビッグウェイブサーファーとして台頭してきたにもかかわらず、ショートボードに乗ればエアリバースをメイクしたりと驚きの連続。

まさにウォーターマンと言う言葉が最も似合う存在と言えます。

そんなカイの2019/2020年の北半球のウインターシーズンを追った内容はエピソード5本立てとなっています。

トレーニングシーンに始まり、マウイ島ジョーズやポルトガルのナザレでのビッグウェイブイベントに密着。

カイ・レニーというウォーターマンを深く知れる内容となっています。

エピソード1&2

エピソード3

エピソード4

エピソード5

カイ・レニーの過去記事

引用元
2019/2020年シーズンに完全密着!カイ・レニーのドキュメンタリー動画

サーフィン スリーディメンション関連NEWS
山岳コースでアスグリーンがプロ初優勝 ヴァンガーデレンが総合首位に立つ – ツアー・オブ・カリフォルニア2019第2ステージ – cyclowired(シクロワイアード)(GoogleNewsより)
山岳コースでアスグリーンがプロ初優勝 ヴァンガーデレンが総合首位に立つ – ツアー・オブ・カリフォルニア2019第2ステージ  cyclowired(シクロワイアード)