リップカール E-Bomb – Rip Curl's The Search featuring Mick Fanning & Mason Ho | Outer Inner Space

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

Rip Curl's The Search featuring Mick Fanning & Mason Ho | Outer Inner Space





商品名:Rip curl E-Bomb 3 mm Split Toe
ショップ:SANTA

詳細:Rip curl E-Bomb 3 mm Split Toe Black

「リップカール E-Bomb」にどんなものがあるか見てみる>リップカール E-Bomb

2021年リップカールプロ@ベルズはキャンセル!?オージーレグの動向

Photo: WSL / JACK BARRIPP

コロナ禍における再開ということで、多くの問題に直面しているサーフィンのワールドツアー。

先日、例年3イベントから成るオーストラリアンレグにおいてNSW州ニューカッスルでの4つ目のイベント追加のニュースをお届けしました。

そして今度は、VIC州ベルズビーチでのリップカールプロがキャンセルになると現地メディアの報道が。

今回の記事は、オーストラリアンレグのこれまでの推移、そしてリップカールプロ@ベルズビーチ開催の有無に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク





当初のスケジュールであれば、4月1日にベルズビーチでのリップカールプロからスタート予定となっていたオーストラリアンレグ。

でしたが、ニューカッスルでの追加イベントからスタートとなり、従来の3イベントはリスケになるという不思議な展開となることに。

本来であれば、追加イベントを従来のイベント開催後に加えれば簡単であるものの、なぜか全日程変更という手続きを取る道を選びました。

その理由としては、オーストラリアンレグ初戦となるVIC(ビクトリア)州政府の対応が理由だったと言います。

当初、WSLはチャーター機の着陸地をビクトリア州にしようと州政府に対し、着陸の許可と着陸後の隔離ホテルの手配を問い合わせていたそうです。

しかし、州政府はテニスの全豪オープン絡みで慌ただしく、WSLの要請に対して対応していなかったとか。

そこでWSLとしてはビクトリア州以外の州にもコンタクトを取り、即座に対応してくれたNSW州でのオーストラリアンレグ初戦イベント開催に至ったというのが裏事情だったとのこと。

さて、ニューカッスルでのイベント開催により、リップカールプロは過去60年ほど続いたイースターホリデー時期の開催を断念する事になりました。

ただ、WSLはニューカッスルプロをオージーレグの4つ目のイベントと称しているので、リップカールプロを開催する意思があると思います。

なのですが、オーストラリアの一部現地メディアでは、すでに2021年リップカールプロはキャンセルになったと報じています。

理由としては、ビクトリア州政府の厚労相マーティン・フォレーが「2022年にリップカールプロは再開する」と2021年のキャンセルありきの発言をしたため。

WSLはまだリップカールプロについて正式な発表をしていないので不明ですが、キャンセルになる可能性は十分にあり得ると見られます。

ただ、オーストラリアで4つのCTイベント開催は、当サイトで何度もお伝えしていますが2021年シーズンを成立させるため。

そのため、もしもリップカールプロがキャンセルになるのなら、オーストラリア国内で新たな会場でのCTイベント追加もあり得ると報じているメディアもあります。

コロナ禍ということで流動的なスケジュール続きとなっているので、今後も最新情報を随時お届けしていきます。

2021年オーストラリアンレグの過去記事

引用元
2021年リップカールプロ@ベルズはキャンセル!?オージーレグの動向

リップカール E-Bomb関連NEWS
jon-YAKITORY インタビュー | Spotify Japanバイラルチャートで1位に急上昇、ボカロPとしても活動する注目アーティスト【Who’s NXT】|THE MAGAZINE – THE MAGAZINE(GoogleNewsより)
jon-YAKITORY インタビュー | Spotify Japanバイラルチャートで1位に急上昇、ボカロPとしても活動する注目アーティスト【Who’s NXT】|THE MAGAZINE  THE MAGAZINE