サーフィン ハワイアンプロデザイン – DT2 解説1 HPD hawaiian pro designs Donald Takayama USA by TommyMaus

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

DT2 解説1 HPD hawaiian pro designs Donald Takayama USA by TommyMaus




商品名:【クーポン利用で最大1,500円OFF】 ロングボード SURFTECH HAWAIIAN PRO DESIGNS ドナルドタカヤマ IN THE PINK 9’3 サーフボード サーフテック ハワイアンプロデザイン インザピンク エポキシ 初心者 中級 上級 おすすめ サーフィン
ショップ:白浜マリーナ

詳細:BIO EPOXY REGINを35%使用し、環境に考慮しています。 ドナルド・タカヤマ氏の技術とノウハウが余すところ無く投入され完成した、最先端にして究極のノーズライダー! もともとはライダー専用のコンペモデルとしてドナルドタカヤマ氏がデザインした、「IN THE PINK」、ダウンノーズ、スカッ

「サーフィン ハワイアンプロデザイン」にどんなものがあるか見てみる>サーフィン ハワイアンプロデザイン

ショーン・マナーズが昨年のタジと同じくビラボンからグローブへ移籍

via youtube

クリード・マクタガートの弟分のような存在と言えるフリーサーファーのショーン・マナーズ「Shaun Manners」(23歳)。

クリードとは同じフリーサーファー同士であり、メインスポンサーがビラボンと言う共通点がありました。

そんなショーンがビラボンを離れ、グローブへと移籍することに。

今回の動画は、グローブによるショーン・マナーズへのウエルカム映像をお届けします。


スポンサーリンク





おそらく日本ではあまり知られていないであろうショーン・マナーズと言う若手プロサーファー。

その理由としては若くしてコンテストシーンを離れたためメディア露出が少なく、その点が業界における過小評価にも繋がります。

実力があって最初からフリーサーファーの道に進みたいと思っても、プロサーファーという職を選ぶならばワールドツアー経験を得るのがベター。

コンテストで活躍すればメディア露出と知名度が高まり、プロサーファーとしての価値が高まるためです。

ショーンは一般的な知名度こそ低いものの、若手の中でも有数のオールラウンドな実力派として知られています。

そんなショーンがグローブからフルサポートを受けることになるのですが、フルサポートとなればディオン・アジアスとタジ・バロウに次ぎサーファーとしては3人目。

タジのグローブ移籍ニュースも驚かされましたが、ショーンもタジと同じくビラボンからグローブという流れが偶然なのか興味深いです。

グローブはスケート色が強いブランドですが、昔から数々のサーファーのスポンサーを務めています。

ただ、昨年のタジ、今年のショーンと部分的ではなくフルサポートのスポンサーになることを考えると、本格的にサーフシーンに乗り出してくる布石のように感じるのは私だけではないでしょう。

ショーン・マナーズの過去記事

引用元
ショーン・マナーズが昨年のタジと同じくビラボンからグローブへ移籍

サーフィン ハワイアンプロデザイン関連NEWS
メジャーリーグとフリーサーフ。世界で稼ぐプロサーファーたち – THE SURF NEWS「サーフニュース」(GoogleNewsより)
メジャーリーグとフリーサーフ。世界で稼ぐプロサーファーたち  THE SURF NEWS「サーフニュース」