ノーズライダー 8'10 – 千葉北 片貝漁港 ロングボード ノーズライディング【Beauty Log 9'6】

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

千葉北 片貝漁港 ロングボード ノーズライディング【Beauty Log 9'6】


「ノーズライダー 8’10」にどんなものがあるか見てみる>ノーズライダー 8’10

アメリカ東海岸出身の若手!勢い溢れるボー・レイノーのフリーサーフィン動画

via vimeo

サーフシーンにおいてマイナーエリアと言えるアメリカ東海岸。

そんなアメリカ東海岸をホームとするサーファーで台頭してくるサーファーは、相当な実力を有している存在が大半。

そして今後の活躍が期待できる若手サーファーの動画が公開されました。

今回の動画は、ノースカロライナ州をホームとするボー・レイノー(Bo Raynor)によるホームでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク





これまでに東海岸出身のサーファーと言えば、ケリー・スレーター、リサ・アンダーソン、ホブグッド兄弟、ロペス兄弟、ガイゼルマン兄弟、キャロリン・マークスなど錚々たるメンバーがいます。

ボーのホームであるノースカロライナ州で言えば、フリーサーファーとして活躍するブレット・バーリーという存在もいますね。

ボーもブレットと同じく、ホームブレイクとしているのはアウターバンクス。

さて、ボーのサーフィンですが、「Go For It」精神が詰まった勢い溢れるライディングで見ていて清々しいほど。

メイク率に関しては少し劣り粗削りな感じもしますが、フリーサーフィンとしては見応えのあるタイプと言えるでしょう。

WSLイベントに関しては、これまでのところQSイベントは積極的に出場しているとは言えないので、フリーサーファーとしての道を模索しているのだと思います。

注目度が低い東海岸出身サーファーながら、ビラボンというビッグブランドにスポンサードされていることから、業界での注目度は高いということでしょう。

果たして、ボーは今後台頭してくることができるのかチェックして見て下さい。

引用元
アメリカ東海岸出身の若手!勢い溢れるボー・レイノーのフリーサーフィン動画