ラッシュガード オーストラリア – 【サメ】について。オーストラリアの海でサーフィンする事に対して自分の思う事【D-SKEのつぶやき】

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

【サメ】について。オーストラリアの海でサーフィンする事に対して自分の思う事【D-SKEのつぶやき】





商品名:ハーレー純正 スプラッシュガード,左(オーストラリア) 59600017 JP店
ショップ:株式会社ヒロチー商事 楽天市場店

詳細:59600017楽天 JP店 

「ラッシュガード オーストラリア」にどんなものがあるか見てみる>ラッシュガード オーストラリア

toxin_bot キロネックスの分布はインド洋南部からオーストラリア西方近海。傘が半透明で視認が困難であり、触手が長い上に昼行性である為、海水浴客にとって非常に危険な生物です。解毒剤は存在しますが、毒性が強く打つ前に手遅れになる事も。ラッシュガード等の着用により、刺される可能性を低減できます。
毒解説bot(2021/01/27 08:04:33)

ウイメンズも激しいチャージを見せたオフシーズンのチョープー(タヒチ)動画

via vimeo

レフトスラブ(slab:底ボレするバレル)を代表するサーフスポットと言えるタヒチのチョープー。

今季からはウイメンズのCTイベント会場になったり、2024年のパリ五輪会場になったりと、何かと話題になっていますね。

そのチョープーは現在オフシーズンなのですが、昨年末にスウェルがヒット。

今回の動画は、オフシーズンにスウェルがヒットしたチョープーでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク





南太平洋に位置していることから、サーフシーズンとなるのは南半球のウインタータイムとなる4~9月くらいまでとなっているチョープー。

それ以外のシーズンは、ビッグスウェルが発生しにくい時期であることからオフシーズンと言われています。

ただし、オフシーズンであっても全くスウェルが発生しないわけではないので、季節風が強いオンショアでもない限り、コンディションが決まるチャンスはあります。

オフシーズンとなれば混雑が緩和されるので、サーフスポットによってはオフシーズンでスウェルが入るタイミングを見てストライクミッションをこなすのもアリですね。

さて、そんなチョープーでのセッションですが、今後はウイメンズもチャージしなければならないので、注目はウイメンズサーファー。

今回の動画では、元ワールドジュニアチャンピオンでローカルのヴァヒネ・フィエロがチャージ。

動画でのヴァヒネのシーンは2:53~からとなっていて、パドルインでのドロップからディープなバレルをメイク。

素晴らしいパフォーマンスとなっているのでチェックして見て下さい。

引用元
ウイメンズも激しいチャージを見せたオフシーズンのチョープー(タヒチ)動画