ノーズライダー 7'6 – 【サーフィン動画】ミッドレングス(ファンボード)【長さは7’6】7'6MID LENGTH (funbaord)SURFINGその14

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

【サーフィン動画】ミッドレングス(ファンボード)【長さは7’6】7'6MID LENGTH (funbaord)SURFINGその14




商品名:ダカイン ニット サーフバック ノーズライダー ソフトケース ニットケース 229cm / DaKine Knit SurfBag-NoseRider KnitCase 7’6″ aj237931
ショップ:DLIGHT by the Sea(バイザシー)

詳細:メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載していますBRAND DaKine / ダカイン 1970年代後半から1980年代にかけ、ウィンドサーフィンが世界中に広まると共に、1979年、Rob Kaplanはハワイマウイ島でリーシュの生産をスタートさせました。 同時にウィンドサーフィンのメ

「ノーズライダー 7’6」にどんなものがあるか見てみる>ノーズライダー 7’6

年明け早々コンディションが決まったサンディエゴのブラックスビーチ

via youtube

アメリカ本土において最もサーフシーンが盛んな西海岸の南カリフォルニア。

特に注目されるのは、サーフ業界の中心地として知られるサンクレメンテ、USオープンの会場となっているハンティントンビーチなど。

南カリフォルニア自体は比較的広範囲のため、名前だけは知っているけれど意外に知られていないエリアも多々ありますね。

今回の動画は、カリフォルニア州最南端エリアであり、メキシコの国境と接するサンディエゴ郡での新年のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク





ジョエル・チューダー、ロブ・マチャド、テイラー・ノックスなどといったサーファーを輩出しているサンディエゴ。

そのサンディエゴですが、当サイトでもサンディエゴでのフリーサーフィン動画を紹介したことはわずかばかりだと思います。

一方、サンクレメンテのローワーズ(ローワー・トレッスルズ)なんかは度々紹介しているので、それだけ注目度が異なるとも言えます。

今回の動画の舞台となっているサンディエゴのブラックスビーチ。

動画にはニーボーダーのライディングシーンもあり、サンディエゴと言えばフィッシュテールを考案したニーボーダーのスティーヴ・リズのホーム。

脈々と伝統が受け継がれているのだなと感じさせられます。

最後に、動画自体は1月3日に撮影され、まだスタートしたばかりの2021年ながらも「今年のベストスウェル」とあるのでグッドコンディションだった事が分かります。

引用元
年明け早々コンディションが決まったサンディエゴのブラックスビーチ

ノーズライダー 7’6関連NEWS
【ヨシムラ 8耐マシン一挙紹介】鈴鹿8耐・栄光のTT-F1マシン[1985-1993]#スズキ×ヨシムラ編-02 – WEBヤングマシン(GoogleNewsより)
【ヨシムラ 8耐マシン一挙紹介】鈴鹿8耐・栄光のTT-F1マシン[1985-1993]#スズキ×ヨシムラ編-02  WEBヤングマシン