デッキパッド dakine – 2020【クリエイチャー】CREATURES OF LEISURE – WOLD'S BEST SURFING GEAR

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

2020【クリエイチャー】CREATURES OF LEISURE – WOLD'S BEST SURFING GEAR




商品名:ダカイン リヴァンプ ストンプ 【DAKINE REVAMP STOMP】 スノーボード スノボ 板 デッキパッド トラクション グリップ 滑り止め SNOWBOARD カラー:BLO サイズ:F
ショップ:S3STORE

詳細:実用的でおしゃれなスノーボードアイテム! ハワイで設立されたブランドで、ハワイ語で<最高>を意味する【DAKINE(ダカイン)】。SURF・SNOW・SKATE・WIND・KITE・BIKEなど各トップライダーからのフィードバックを重視して企画されているアイテムは、見た目のデザインだけでなく機能性も

「デッキパッド dakine」にどんなものがあるか見てみる>デッキパッド dakine

ケリー・スレーターが、ラストで犯したインターフェアでパイプマスターズを失格になった理由。

現地時間12月20日日曜日に終了した。ワールドサーフリーグ(WSL)2021チャンピオンシップツアー(CT)の開幕戦「ビラボン・パイプ・マスターズ in Memory of Andy Irons presented by Hydro FlasK」。

ハワイのジョン・ジョン・フローレンスが初のパイプマスターに輝き、幕を閉じた。そのセミファイナルでジョンジョンとケリーが対戦。親子ほどの年齢差のあるパイプのベストサーファーである二人のマッチアップに注目が集まった。

スレーター PHOTO: © WSL / Bielmann
ジョンジョン PHOTO: © WSL / Bielmann

しかし、そのヒートは、スタートからジョンジョンがパイプとバックドアで9.23と8.93という2本のエクセレントをスコア。ケリーは精彩を欠き、大差を付けられる展開となって、ジョンジョンが圧勝した。

ヒートで終了間際に、ジョンジョンが優先権を持ち、万事休すのケリー。ラストウェイブでジョンジョンの乗る波にケリーがテイクオフ。もちろんインターフェアがコールされたが、ケリーは見事なバックドア・バレルを抜けた。

セミファイナルのスーパーヒートでジョン・ジョン・フローレンスとケリー・スレーターがバトルする様子をご覧ください。

そんな二人のヒート表を見て疑問に思った人も多いと思うが、スコアをカットされる罰則ではなく、ケリーのスコアが全て0になっている。

これはどうしたことなのかと、調べてみたところ「CTやCSイベントでは、ジャッジの過半数が最後の5分間のインターフェアレンスが故意によるものであったと判断した場合はインターフェアしたサーファーは失格となる。」とあった。

ケリーは失格となったのである。そんなケリーの時の気持ちを語った記事がWSLに掲載されたので紹介したい。

「ジョンとは親友だ。あの時点でヒートの結果は出ていた。だから、最後に彼がプライオリティを持っていたので、もしも良い波が来たらパーティーウェーブだって伝えたんだ。残り30秒で他に選択肢はなかった。最後の数分で優先権を持っているべきだったかもしれないが、ヒートを楽しんだよ。」

以前、彼は Instagramでも「みんなは僕らが楽しんで試合をしているとは思っていない。ジョン・ジョンと僕は楽しい時間を過ごすのが好きなんだ。」ともコメント。

今回の件では、ケリーのコンペティターとしての心の中にあるものを浮き彫りにした。48歳で11回のワールドチャンピオンであるケリー・スレーターは、友人とサーフィンをするのが大好きで、パーティー・ウェーブも楽しみたいと思っている。彼の心の中は、たとえそれがビラボン・パイプマスターズであったとしても、ただの元気なキッズサーファーと変わりはないということなのかもしれない。

引用元
ケリー・スレーターが、ラストで犯したインターフェアでパイプマスターズを失格になった理由。