リップカール E-Bomb – RIP CURL våtdräkt Dawn Patrol 5/3 BZ E5

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

RIP CURL våtdräkt Dawn Patrol 5/3 BZ E5





商品名:オーダー リップカール ウェットスーツ セミドライ フルスーツ フルオープンジップ モデル / Order RipCurl WetSuit Semidry FullSuits E-BombPro+ FullOpenZip / レディース
ショップ:DLIGHT by the Sea(バイザシー)

詳細:■必ずお読みください■ 買い物カゴのプルダウンで有料オプション(\○○〇円加算)をお選び頂いた場合、ご注文時の合計金額には反映されません。 当店ではご注文内容を確認後に、金額修正を行い最終的な金額をメールでご連絡させていただきます。 ご不便お掛けして申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。 また、

「リップカール E-Bomb」にどんなものがあるか見てみる>リップカール E-Bomb

ジュリアン・ウィルソンがハーレーを告訴、150万ドルの契約金未払いで

ハーレーのステッカーが剥がされたジュリアン・ウィルソン、Tweed Coast Proにて Photo: WSL/Matt Dunbar

今週のTweed Coast Proで久しぶりにゼッケンに腕を通したジュリアン・ウイルソン(昨年世界ランク11位)。サーフボードやウエットスーツから長年のスポンサーHurleyのロゴが消えていたことに気づいた人が多いのではないだろうか。

突然の変更について本人からオフィシャルな説明はないが、スポーツニュースサイトSporticoの報道によるとハーレーが契約金おおよそ150万米ドルを未払いのまま契約を打ち切ったことに対し、ジュリアンの弁護士らが9月上旬にカリフォルニアの法廷に告訴状を提出した。

大会でもフリーでも、サーフィンの先陣を切るジュリアンはハーレーと高額な契約を結んでいた Photo: WSL/Matt Ower

2014年に結ばれた7年間の契約では、ハーレーのPR活動への参加やSNSでの投稿の他、年間5つ以上のCTイベントに出場することを条件に年間約150万米ドルに加えて出来高制のボーナスが支払われることなっているらしい。コロナの影響でCTが開催されなかった2020年においてこの条件を満たしていないことを理由にハーレーが契約違反を訴え、一切の支払いを拒んでいるという。

ジュリアンの弁護士によるとハーレーが昨年ブルースター・アライアンスに買収された後、契約内容の変更を要請されたが、ジュリアンは応じなかった。その後景気悪化のため契約金の支払いを6月中旬まで延期することに合意したが、その期限が過ぎても支払いがなく、翌日にハーレーから一方的に契約の破棄を告がれた。

今年2月の乳がん啓発活動も兼ねたファンイベントでは、母がデザインしたピンクのHurleyボードショーツを纏っていた Photo: WSL

今年に入ってもハーレーがジュリアンの肖像を宣伝に使っていたし、ジュリアンもInstagramなどでハーレーをPRしていたことを踏まえ、ウィルソンは可能な限り契約内容を守っていると主張。しかし、契約には「いかなる理由でプロサーフィン大会に参加しなくなった場合は契約を解除することができる」と明記されていて、これを根拠にハーレーが契約の解除に踏み切ったとみられる。

裁判では「いかなる理由」がどう判断されるかが争点となりそうだ。世界的なパンデミックによりCT自体が開催されなかったため、確かにジュリアンはCTイベントに参加していない。しかし、契約条件を満たすことは不可能な場合、その条件から免除されるという裁判の前例もある。また、ジュリアンは大会以外の条件も満たして、それによってハーレーが利益を得ていることに対して報酬がないことも争いのポイントにもなるだろう。

訴訟の行方はしばらく明らかにならない可能性があるが、昨年からブルースター・アライアンスがスポンサー契約を大幅に切ってきたことから、簡単には譲るとは思えない。

ハーレーのステッカーが剥がされたジュリアン・ウィルソン、Tweed Coast Proにて Photo: WSL/Matt Dunbar

今週のTweed Coast Proで久しぶりにゼッケンに腕を通したジュリアン・ウイルソン(昨年世界ランク11位)。サーフボードやウエットスーツから長年のスポンサーHurleyのロゴが消えていたことに気づいた人が多いのではないだろうか。

突然の変更について本人からオフィシャルな説明はないが、スポーツニュースサイトSporticoの報道によるとハーレーが契約金おおよそ150万米ドルを未払いのまま契約を打ち切ったことに対し、ジュリアンの弁護士らが9月上旬にカリフォルニアの法廷に告訴状を提出した。

大会でもフリーでも、サーフィンの先陣を切るジュリアンはハーレーと高額な契約を結んでいた Photo: WSL/Matt Ower

2014年に結ばれた7年間の契約では、ハーレーのPR活動への参加やSNSでの投稿の他、年間5つ以上のCTイベントに出場することを条件に年間約150万米ドルに加えて出来高制のボーナスが支払われることなっているらしい。コロナの影響でCTが開催されなかった2020年においてこの条件を満たしていないことを理由にハーレーが契約違反を訴え、一切の支払いを拒んでいるという。

ジュリアンの弁護士によるとハーレーが昨年ブルースター・アライアンスに買収された後、契約内容の変更を要請されたが、ジュリアンは応じなかった。その後景気悪化のため契約金の支払いを6月中旬まで延期することに合意したが、その期限が過ぎても支払いがなく、翌日にハーレーから一方的に契約の破棄を告がれた。

今年2月の乳がん啓発活動も兼ねたファンイベントでは、母がデザインしたピンクのHurleyボードショーツを纏っていた Photo: WSL

今年に入ってもハーレーがジュリアンの肖像を宣伝に使っていたし、ジュリアンもInstagramなどでハーレーをPRしていたことを踏まえ、ウィルソンは可能な限り契約内容を守っていると主張。しかし、契約には「いかなる理由でプロサーフィン大会に参加しなくなった場合は契約を解除することができる」と明記されていて、これを根拠にハーレーが契約の解除に踏み切ったとみられる。

裁判では「いかなる理由」がどう判断されるかが争点となりそうだ。世界的なパンデミックによりCT自体が開催されなかったため、確かにジュリアンはCTイベントに参加していない。しかし、契約条件を満たすことは不可能な場合、その条件から免除されるという裁判の前例もある。また、ジュリアンは大会以外の条件も満たして、それによってハーレーが利益を得ていることに対して報酬がないことも争いのポイントにもなるだろう。

訴訟の行方はしばらく明らかにならない可能性があるが、昨年からブルースター・アライアンスがスポンサー契約を大幅に切ってきたことから、簡単には譲るとは思えない。

ジュリアン・ウィルソン、31歳 Photo: WSL/Matt Dunbar

ハーレーのウエブサイトを見るとすでにジュリアンの姿が消えていて、残るCT選手はフィリペ、コロヘ、カリッサの3人だけ。他のサーフチームを見ているとスペインやフランス、ベルギー、ドイツなどからの無名サーファーが目立ち、ビッグネームから多様な若いチームに大幅に路線を変えていることが伺える。

(ケン・ロウズ)

引用元
ジュリアン・ウィルソンがハーレーを告訴、150万ドルの契約金未払いで

リップカール E-Bomb関連NEWS
人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! 発色のよさと輝きの虜! 海外ブランドのカラフルパレット。【BACKSTAGE BEAUTY / HARUKA TAZAKI / vol.3】 – 人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見!バックステージ・ビューティ – http://voguegirl.jp/(GoogleNewsより)
人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! 発色のよさと輝きの虜! 海外ブランドのカラフルパレット。【BACKSTAGE BEAUTY / HARUKA TAZAKI / vol.3】 – 人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見!バックステージ・ビューティ  http://voguegirl.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加