2度目のワールド・チャンピオン輝いたガブリエル・メディーナ – Backstageについて

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

2度目のワールド・チャンピオン輝いたガブリエル・メディーナ – Backstage
2018年ワールドタイトルレース・ショーダウンは、2014年彗星の如く現れた、史上最年少ワールドチャンピオン(当時20歳)から、4年ぶりにガブリエル・メディーナ(現24歳・ブラジル)が、2度目のワールドチャンピオンと初パイプマスターに輝いた。WSL(旧ASP)歴代複数年ワールドチャンピオンは、ミック・ファニング(オーストラリア・3回)、ケリー・スレーター(アメリカ・11回)、アンディ・アイアンズ(ハワイ・3回)、ダミアン・ハードマン(オーストラリア・2回)、トム・カレン(アメリカ3回)、トム・キャロル(オーストラリア・2回)、マーク・リチャーズ(オーストラリア・5回)と時代は1982年まで遡る。

2019ロングボードツアーのアップデート
2019年にWSLのロングボードチャンピオンシップツアー新時代に入ります。このたび再編されるツアーは、ロングボーダーたちがより多くの機会を得ることを可能にし、さらにより多くのイベント、新しい場所での大会が増えるように、露出を得ることができ現在の限られたスポンサーシップのサポートを拡大することができます希望されます。現在ではこのようなイベントは、ロングボードダー好きなサーフィンのスタイルを楽しむ機会があまりないようですが、こんなファンの希望にも答えていきます。WSLのロングボードコンテンツとソーシャルメディアの画像は非常によい評判で、ショートボードのファンベースでもロングボードサーフィンを楽しむことができます。これらの変更によって、従来のイベントでは達成困難だった現行のロングボードチャンピオンシップツアーに才能のあるサーファーが参戦することを容易にします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加