明暗を分けたパイプマスターズDay1 – Backstageについて

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

明暗を分けたパイプマスターズDay1 – Backstage
パイプマスターズ・メインラウンドDay1キックオフ!!WSL CT3名のチャンピオン争いを繰り広げる、フィリッペ・トリード(CT2位・ブラジル)は、パイプとの相性が全く合わず敗退を余儀無くされた。トリードは、ラウンド2・ヒート1で、パイプ・インビテーショナル2位のベンジー・ブラウン(ハワイ・ハレイワ)。狂骨パイプ・スペシャリストとのマッチアップとなり、タイトル・ショーダウンの一幕の見所となる。

脇田パイプ・インビテーショナル・セミファイナル進出!! – Backstage
日本人唯一パイプ・インビテーショナル出場の脇田貴之。ファイナル進出への期待も高まったが、セミファイナルでは、30分ヒートの中で、1本のパイプ・バレルがゲットできず、惜しくもファイナル進出を逃した。脇田は、パイプライン31年の経験を生かし、世界で選ばれた32名のバレルスペシャリスト達と戦い、セミファイナルまで進出をした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加