『Momentum』の製作の裏側に迫った『Momentum Generation』が12月11日に発売!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

『Momentum』の製作の裏側に迫った『Momentum Generation』が12月11日に発売!
1989年の冬、アメリカ中に四散する指折りのヤングサーファーたちがノースショアの波を追い求め、1つの屋根の下に集まった。その中にはケリー・スレーター、ロブ・マチャド、シェーン・ドリアン、ロス・ウィリアムズ、テイラー・ノックス、カラニ・ロブといった。その当時の新しいサーフシーンの礎を築いた精鋭たちがそろっていた。彼らはベンジー・ウェザリーのお母さんのサポートによって衣食住を共にし、近所の家に住むテイラー・スティールがその模様をカメラに収めた。テイラー・スティールは、ベンジーの家に集まった仲間のサーフィンやライフスタイルを撮影し続け、3年後に自身初の代表作となる『Momentum』(モーメンタム)をリリースした。このフィルムに収められたヤングサーファーたちの斬新なサーフィンやライフスタイルは、非常に魅力的であり、当時のサーフィン業界に新たな旋風を巻き起こしたことは間違えない。このフィルムのリリース以降、彼らはこの作品のタイトルを文字って『モーメンタム世代』と呼ばれるようになった。

ペイジ・ハーブが日本の「white buffalo HYUGA Pro QS 3,000」で待望のを勝利を飾る!
「white buffalo HYUGA Pro QS 3,000」の最終日が開催され、QSのベテランのペイジ・ハーブがイサベラ・ニコラスを撃破し、見事に優勝を飾った。最終日はラウンド3からファイナルまで行うハードスケジュールとなったが、ハーブは勢いを止めることなく持ち前の力を発揮した。CT選手のハーブは過去に一度10年近くCTから姿を消していたが、昨年はCTに返り咲き今シーズンの結果次第では、今回の勝利が彼女を再びCTで残留できる可能性を多くのファンに示した。彼女は現在13,800のQSポイントを保持しており、現在QSランキングを3位につけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加