ウィメンズにとっては厳しいコンディションとなった QS3000「ホワイトバファロー日向プロ」について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

ウィメンズにとっては厳しいコンディションとなった QS3000「ホワイトバファロー日向プロ」
ワールド・サーフ・リーグ(WSL)ウィメンズ(QS)ホワイト・バッファロー・ウィメンズ・日向プロQS 3000は2日目を迎え 大会に出場する選手は第2ラウンドでの重要な勝利を収めることを強いられた。今日はこのラウンドを行うだけの短いスケジュールとなった。2~3フィートのオンショアの影響を強く受けない波で、早期終了を余儀なくされた。 明日の決勝に向けて3,000ポイントの争奪戦がいよいよ激しくなってきた。

トップの女性サーファーが集まりホワイトバファロー日向プロQS 3000のオープニングデーを飾った!
ワールドサーフリーグ(WSL)女子クォリファイシリーズ(QS)のオープニングデー「White Buffalo Hyuga Pro QS 3000が今日開幕した。 現役のチャンピオンツアーと元チャンピオンシップツアー(CT)の競技者たちが、2から3フィートのお倉が浜ビーチで、クオリティの高い競技会場に挑戦し、勝ち残りを決めた。ラウンド1でのアクションは、日本のツズキ・アムロが現役ベテランCTサーファーのセージ・エリクソン(米国)とパチャ・ライトをおさえて大きなパフォーマンスをみせた。 ツズキの軽快で華麗な素早いアプローチは、トータル14.66(20点満点)を獲得し、7.83の最高シングルスコアウェーブ(10点満点)を掲示し、ファッションを見せつけるキャンペーンを開始した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加