絶好のコンディションの中ビッグデーとなった『Minami Boso Junior Pro 2018』のDAY1!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

絶好のコンディションの中ビッグデーとなった『Minami Boso Junior Pro 2018』のDAY1!
千葉県、南房総市で「南房総ジュニアプロ」M.B.J.のDAY1がキックオフした。試合会場の千歳ポイントの天気は晴れ、波は2?3フィート(肩から頭)で極上な波が一日中ヒットし、アジア最高峰のジュニア大会には絶好のコンディションとなった。この最高なコンディションの中、今日はU18メンズのラウンド1、2とクオーターファイナル、そしてU16カデットのラウンド1とU18ウィメンズのクオーターファイナルが行われた。

JR1,000イベント「Minami Boso Junior Pro 2018」が10月6日(土)7:00amにキックオフ。
2018年のWSLジャパンツアー第4戦目となるジュニアイベント「南房総ジュニアプロ」M.B.J.が10月6日(土)今日朝7:00にキックオフされた。波のサイズはジュニアには最適な胸から肩(1.5m)前後でほぼ無風のコンディション。やや曇りながら、まぶしい太陽の差しこむさわやかな秋晴れとなった南房総市千歳海岸。今日はU18のメンズラウンド1からスタートし、ラウンド2へ、そしてウィメンズのラウンド1、さらにU16カデットクラスへとフルサイクルで競技が進行する予定。

クラウドナインの素晴らしい波でサンティエゴ出身のスキップ・マクロウが勝利を飾る!
QS史上最高クラスの波で開催された第24回「Siargao Cloud 9 Surfing Cup」はスキップ・マクロウの勝利で幕を閉じた。 フィリピン国内で開催されるスポーツの国際大会では最大規模となる「Siargao Cloud 9 Surfing Cup」のファイナルデイは、大会期間中に続いた6フィートを超える極上な波の中で開催された。最高の舞台でトップ8名の選手たちが熱い戦いを繰り広げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加