今年で24回目となる「Siargao Cloud 9 Surfing Cup」がフィリピンで開幕!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

今年で24回目となる「Siargao Cloud 9 Surfing Cup」がフィリピンで開幕!
昨年からワールドサーフリーグのQS3000のイベントにグレードアップされた、『シャルガオ・クラウド・ナイン・サーフィンカップ』が開幕した。世界各地からトップのランクを誇る選手たちが集まり激しいバトルを演じる。QS3000という大きな試合であるため、元CT選手のラオニ・モンテリオやオーストラリアの新鋭、ジャック・ロビンソンといった世界でも名をはせる選手たちが勢ぞろいしている。

プレスリリース:2018年ワールドサーフリーグのジュニアとロングボードチャンピオンが台湾で決定する!!
WSLは今季のワールドジュニアおよびロングボードチャンピョンシップを台湾の台東で開催することを正式に発表した。以前まではQS1000とQS1500、そしてロングボードのQSとして「Taiwan Open of Surfing」が開催されていた、しかし、今年からワールドジュニアチャンピオンシップとワールドロングボードチャンピョンシップの試合が追加で開催されることとなった。ジュニアとロングボードといった、異なる種目のチャンピョンシップが同時に開始されるのは今回が史上初となる。

帝王ケリー・スレーターとココ・ホーがサーフランチのDay1でファンを大いに沸かせた!
今シーズン最も注目されているCTイベントである「Surf Ranch Pro」の初日が終了した。今日は、男女ともにクオリファイラウンド(予選ラウンド)が行われ、世界のトップサーファーたちは、前日の調整でのライディングとは全くレベルの違う、まさにワールドクラスのライディングを見せて観客を沸かせた。昨日のインタビューで、ケリー・スレイターは「出場選手の”だれか”が高得点を出し、それが今回のジャッジの基準となるでしょう。どのような演技が高得点につながるのかが定まるまでは緊張が続きますね」とコメントを残している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加