プレスリリース:2018年ワールドサーフリーグのジュニアとロングボードチャンピオンが台湾で決定する!!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

プレスリリース:2018年ワールドサーフリーグのジュニアとロングボードチャンピオンが台湾で決定する!!
WSLは今季のワールドジュニアおよびロングボードチャンピョンシップを台湾の台東で開催することを正式に発表した。以前まではQS1000とQS1500、そしてロングボードのQSとして「Taiwan Open of Surfing」が開催されていた、しかし、今年からワールドジュニアチャンピオンシップとワールドロングボードチャンピョンシップの試合が追加で開催されることとなった。ジュニアとロングボードといった、異なる種目のチャンピョンシップが同時に開始されるのは今回が史上初となる。

2019年のチャンピオンシップ・ツアー・カレンダーを発表
WSLは2019年CTメンズ、ウィメンズスケジュールを発表した。来年も世界の選りすぐりの素晴らしいポイントでイベントが開催されることになる。1976年以来CTは常に世界最高峰の選手たちによる戦いを最高の場で提供してきた。その中から、マーク・リチャード、トム・カレン、ケリー・スレイター、アンディ・アイアンズ、ステファニー・ギルモア、ジョン・ジョン・フローレンスといった数々のチャンピョンを生み出してきている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加