「SURF RANCH PRO」はメンズトップ8人の選手が決まり、カノア・イガラシは暫定3位でファイナルラウンドへ進む!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

「SURF RANCH PRO」はメンズトップ8人の選手が決まり、カノア・イガラシは暫定3位でファイナルラウンドへ進む!
3日目を迎えた「SURF RANCH PRO」のメンズのトップ8の選手が出揃った。そんななかガブリエル・メディーナは依然、勝負強さをみせて見事1位でファイナルへと進んだ。また、ジュリアン・ウィルソン、そして日本のカノア・イガラシもそれぞれ2位、3位でファイナルへ駒を進めた。そしてDAY1で素晴らしいサーフィンを見せた帝王ケリー・スレイターも、徹底的な波の分析から堅実なサーフィンを見せ7.27ポイントという高い得点を残し、ファイナルへの出場権を獲得した。

帝王ケリー・スレーターとココ・ホーがサーフランチのDay1でファンを大いに沸かせた!
今シーズン最も注目されているCTイベントである「Surf Ranch Pro」の初日が終了した。今日は、男女ともにクオリファイラウンド(予選ラウンド)が行われ、世界のトップサーファーたちは、前日の調整でのライディングとは全くレベルの違う、まさにワールドクラスのライディングを見せて観客を沸かせた。昨日のインタビューで、ケリー・スレイターは「出場選手の”だれか”が高得点を出し、それが今回のジャッジの基準となるでしょう。どのような演技が高得点につながるのかが定まるまでは緊張が続きますね」とコメントを残している。

インドネシアの「ニアスプロ」で日本の大橋海人が堂々の準優勝となる!
インドネシアのニアスで行われたQS1,000の『Nias Pro2018』において日本の大橋海人が堂々の2位でフィニッシュした。世界でも有数のレギュラーポイントとして知られるニアスにて世界各国から集まったトップサーファー達が熱い戦いを繰り広げた。ハードな戦いの中、大橋はファイナルで惜しくも地元のヤングスター、ケトゥット・アグスに負けてしまったが、素晴らしい成績を収めた。ファイナルは、序盤に少し押されていたものの中盤に6.35ポイントをスコアし、一時はトップを走ったが、終盤に今大会チャンピョンのケトゥット・アグスにたて続けて7.0と6.90をスコアされた。終了間際に5点台を出すもあと一歩及ばず、2位でフィニッシュすることになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加