ガブリエル・メディーナがタヒチで自身の2度目となる勝利を決めた!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

ガブリエル・メディーナがタヒチで自身の2度目となる勝利を決めた!
熱戦の末、ブラジルのガブリエル・メディーナがタヒチで行われたCT第7戦「Tahiti Pro Teahupo’o」においてキャリア2回目となる勝利を収めた。また今回の勝利は彼にとって今季初のCTでの勝利でもある。CTランキングでは、セミファイナルで熱い闘いを演じたフィリペ・トレドが依然トップをキープしているが、メディーナは今回の勝利によってCTランキングを2位まで上げることができた。素晴らしいコンディションの中、メディーナとオーエン・ライトによるグーフィーフッター対決となったファイナルでは、終了のホーンがなるまでになんと4度も順位が入れ替わった波乱がおきた。

WSL ASIAは、9月にメンズQS 3000『Siargao Cloud 9 Surfing Cup』の開催を発表
WSLアジアは、シャルガオ島にてメンズのQS 3000『Siargao Cloud 9 Surfing Cup』を9月に開催することを発表した。このイベントには世界各地から100人の素晴らしいサーファーが集まり、フィリピンのクラウド9ポイントで熱戦を繰り広げる。QS3000ということもありQSのランキングにも大きく影響して来ることが見込まれる。世界各地から集まるCTを目指すトップサーファーたちがしのぎを削ることになる。素晴らしい波で、選手たちはチューブライディングやエアーアクションを繰り出し、会場で観ている観客はもちろん、live配信で観戦する世界中のサーフィンファンを魅了するだろう。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」のFinal Dayは激戦の末、安室丈が勝利し幕を閉じた!!
2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」の3日目は、ラウンドオブ16から始まり、台風8号から胸?肩ほどのスウェルが海岸に押し寄せチャンピョンを決めるにふさわしい場がととのった、最高の場で世界各国から集まり、トップサーファー達がハイレベルな戦いを見せてくれた。そんな中で激闘を制した安室丈が見事、今大会を制した。7月11日の会場付近の天候再び真夏の晴天が続た。強烈な日差しがビーチを焦がし、イベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド3からパンチのある波とサーフィンのショーが繰り広げられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加