USオープンのカノア イガラシ:「このイベントは私にとってすべてを意味する」について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

USオープンのカノア イガラシ:「このイベントは私にとってすべてを意味する」
カノア・イガラシは3 歳の時の、彼のお父さんがハンティントンビーチのピアの南側の波に、彼のお父さんがカノアを押して波乗りを始めた。そして、今年は20歳になったチャンピオンシップ・ツアー(CT)サーファーが、日本を代表しているが、彼は南カリフォルニアの故郷に大きく根ざしている。だから、毎年夏になるとVans US Open Surfingが町にやってくれば、イガラシはビーチでの地元サポートをうけている。過去数年間、イガラシは自らのコミュニティを誇りにしてきた。.2015年と2016年は3位でフィニッシュした後、2017年には優勝トロフィーをホームに持ちかえり、ブラジルのトーマス・エルメスを上回り、メンズQSシリーズトップクラスで優勝した。「今日は、自分の人生にとって最高の日です」と、イガラシは勝った後に言った。イガラシ以前に、USオープンに勝った最後のハンティントンビーチ出身のサーファーは2009年に勝利したブレット・シンプソンである。

ステファニー・ギルモアが「 Corona Open J-Bay」のウィメンズで優勝し、再びCTランキングの1位にかえりざく。
「Corona Open J-Bay」のウィメンズは一週間ほどのウェイティングが続いた、しかし大会当日には素晴らしい波に恵まれ、そのウェイティング期間には十分な価値が得ることができた。ウィメンズサーファー達は、まだ外が暗い早朝に会場に集まり、日の出を待ちわびた。そして日が出ると、ダブルオーバーヘッドのパーフェクトなJ-BAYの波が水平線に広がっているのを目にした。それは紛れもなく今大会期間中で最高の波であった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加