USオープンのカノア イガラシ:「このイベントは私にとってすべてを意味する」について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

USオープンのカノア イガラシ:「このイベントは私にとってすべてを意味する」
カノア・イガラシは3 歳の時の、彼のお父さんがハンティントンビーチのピアの南側の波に、彼のお父さんがカノアを押して波乗りを始めた。そして、今年は20歳になったチャンピオンシップ・ツアー(CT)サーファーが、日本を代表しているが、彼は南カリフォルニアの故郷に大きく根ざしている。だから、毎年夏になるとVans US Open Surfingが町にやってくれば、イガラシはビーチでの地元サポートをうけている。過去数年間、イガラシは自らのコミュニティを誇りにしてきた。.2015年と2016年は3位でフィニッシュした後、2017年には優勝トロフィーをホームに持ちかえり、ブラジルのトーマス・エルメスを上回り、メンズQSシリーズトップクラスで優勝した。「今日は、自分の人生にとって最高の日です」と、イガラシは勝った後に言った。イガラシ以前に、USオープンに勝った最後のハンティントンビーチ出身のサーファーは2009年に勝利したブレット・シンプソンである。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」のFinal Dayは激戦の末、安室丈が勝利し幕を閉じた!!
2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」の3日目は、ラウンドオブ16から始まり、台風8号から胸?肩ほどのスウェルが海岸に押し寄せチャンピョンを決めるにふさわしい場がととのった、最高の場で世界各国から集まり、トップサーファー達がハイレベルな戦いを見せてくれた。そんな中で激闘を制した安室丈が見事、今大会を制した。7月11日の会場付近の天候再び真夏の晴天が続た。強烈な日差しがビーチを焦がし、イベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド3からパンチのある波とサーフィンのショーが繰り広げられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加