ステファニー・ギルモアが「 Corona Open J-Bay」のウィメンズで優勝し、再びCTランキングの1位にかえりざく。について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

ステファニー・ギルモアが「 Corona Open J-Bay」のウィメンズで優勝し、再びCTランキングの1位にかえりざく。
「Corona Open J-Bay」のウィメンズは一週間ほどのウェイティングが続いた、しかし大会当日には素晴らしい波に恵まれ、そのウェイティング期間には十分な価値が得ることができた。ウィメンズサーファー達は、まだ外が暗い早朝に会場に集まり、日の出を待ちわびた。そして日が出ると、ダブルオーバーヘッドのパーフェクトなJ-BAYの波が水平線に広がっているのを目にした。それは紛れもなく今大会期間中で最高の波であった。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」のFinal Dayは激戦の末、安室丈が勝利し幕を閉じた!!
2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」の3日目は、ラウンドオブ16から始まり、台風8号から胸?肩ほどのスウェルが海岸に押し寄せチャンピョンを決めるにふさわしい場がととのった、最高の場で世界各国から集まり、トップサーファー達がハイレベルな戦いを見せてくれた。そんな中で激闘を制した安室丈が見事、今大会を制した。7月11日の会場付近の天候再び真夏の晴天が続た。強烈な日差しがビーチを焦がし、イベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド3からパンチのある波とサーフィンのショーが繰り広げられた。

湘南の鵠沼海岸で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」で次世代ヒーローたちの暑い戦いが繰り広げられた。
7月8日、初夏の陽気の中で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」が開催された。1日中を通して過ごしやすい気候で、ややオンショアが吹いていたものの、波のサイズも腰?胸ほどで、条件は最高のコンテスト日和となった。日本の選手のみならず外人選手も参加し、ワールドクラスのジュニア大会が繰り広げられた。カテゴリーは16歳以下がカデット、12歳グロム、16歳以下のガールズとなり、すべてのクラスで見応えのあるヒートが展開された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加