「サーフィンワールド」 8月30日 発売号目次

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

サーフィンワールド」 8月30日 発売号目次
《ニッポンの空中戦!》~サーファー空を舞う! エアの秘伝教えます!~
究極なテクニック『エア』。 今やサーフィンのマニューバリティーは、海面を飛び出し、空中技ヘと進化している。その『エア』テクニックの全貌が証され、「自分には無理」と決めつけていたスーパーテクニックが、誰にとっても身近なものとなる。成功の糸口は今号から見つかる!
本誌連動企画:完全マスター 究極エアテクニック PREMIUM DVD付録
●今やサーフィンは空を斬る時代。
~「空を支配するのはキミだ!」~ 国内で開催されたエア日本一を決める「クイックシルバー エアショー」で見事優勝した、”Fly Boy”こと石田秀一郎プロを筆頭に日本のエアリストたちが一同千葉の海に集結した。エアを中心とした、ニュームーブメントのサーフィンを大爆発。目を見張るスーパーテクニックの数々を収録する、とともにエアテクニックを徹底分析。自分とはかけ離れた、憧れのエアが今号をきっかけに間違いなく自分のものとなる!
●南アフリカ・地球の奇跡 ~J-Bay~
世界最高峰のライトブレイク、J-Bay。
シリンダーのように規則正しくブレイクするその波を求めた取材班は南アフリカの海岸線を走り続けた。日本のチャンピオン田中英義は、目の前にしたスーパーライトブレイクを「地球の奇跡」と言い放った。そのJ-Bayに魅せられ、永住したサーファーたちのライフスタイルを紹介するとともに、取材クルーたちが繰り広げた、フォトジェニックなサーフセッションを存分にお伝えする。
SWシリーズインタビュー
●THE DAY 伝説の日 ~稲村サーフィンクラシック実行委員会・長沼一仁に聞く~
1989年以来、18年間閉ざされている大会を主催する、長沼一仁氏に話しを聞く。
なぜ18年間もの間、開催されなかったのか。その理由は一つ「歴史に残る波でなければ大会は開催されない」。映画“稲村ジェーン”の舞台として知られる、稲村ケ崎にやって来る伝説の大波でなければ開催されないこの大会の趣意を語ってもらう。
●モルディブ GAN島
モルディブ群島最南端の島・GAN島に取材チームが初めて乗り込んだ。
そこで出会った多種多様の波と、緑溢れる南国情緒をたっぷりとお見せする。
イラスト付きポイントガイドは、トリップサーファーにとっての永久保存版として役立つものとなる。
●フィジー魅惑の旅
限られたメンバーのみが島へ渡れるそこはまさに楽園。自分たちだけの貸しきりウェイブを思う存分楽しめる魅惑の島フィジーをポイントガイドとともに紹介する。関西から参加したプロサーファー&シェイパー、原田泰三は、自分で削り上げたサーフボードで縦横無尽に波を刻んだ。一生の思い出となった最高な旅をリポートする。
サーフィンワールド」の商品ページ
http://www.fujisan.co.jp/Product/974/ap-ryuji
  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です