QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」のFinal Dayは激戦の末、安室丈が勝利し幕を閉じた!!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」のFinal Dayは激戦の末、安室丈が勝利し幕を閉じた!!
2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」の3日目は、ラウンドオブ16から始まり、台風8号から胸?肩ほどのスウェルが海岸に押し寄せチャンピョンを決めるにふさわしい場がととのった、最高の場で世界各国から集まり、トップサーファー達がハイレベルな戦いを見せてくれた。そんな中で激闘を制した安室丈が見事、今大会を制した。7月11日の会場付近の天候再び真夏の晴天が続た。強烈な日差しがビーチを焦がし、イベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド3からパンチのある波とサーフィンのショーが繰り広げられた。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」Day2は極上なコンディションでトップアスリートのアクションがさく裂した。
2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」の2日目は、朝から無風で波のサイズが一気に上がり極上なコンディションのなかトップシードの選手が豪快なサーフィンを披露した。7月10日の会場付近の天候再び真夏の晴天が続た。強烈な日差しがビーチを焦がし、イベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド3からパンチのある波とサーフィンのショーが繰り広げられた。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」Day1は台風のうねりを受け始めたファーストスウェルにキックオフ。
2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」は7月9日のウェイティング期間初日からスタートし、一日中を通じて安定したコンディションでキックオフした。開催期間は7月16日の月曜日(海の日)までの8日間となる。7月9日の会場付近の天候真夏の強烈な日差しがビーチを焦がし、無風に近いコンディションでイベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド1が始まった。ラウンド1となるR112は1ヒートから8ヒート、続いてラウンド2となる96が行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加