QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」が 7月 9日(月)にキックオフとなる!!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」が 7月 9日(月)にキックオフとなる!!
2018年WSLアジアツアージャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」は 7月 9日(月曜日)のウェイティング期間からいきなりスタートしそうな気圧配置となりかけている。開催期間は 7月16日の月曜日(海の日)迄の8日間です。7月 2日(月曜日)の会場付近の天候は、梅雨が明けも早く夏の天候とっている。現在、南西の海上にある台風7号が日本海へ抜けた後に日本付近の気圧配置を大きく入れ替え、そのあとに近づく次の台風が今後の期待となりそうだ。現在の予報では再び日本列島に接近し週明けの8、9日ごろにはコンディションを大きく左右する展開となりそうだ。

ピーターソン・クリサントが「The Ballito Pro pres. by Billabong」を制する。
『QS Men’s Event: Ballito Pro pres. by Billabong』の最終日は素晴らしいコンディションの中、ブラジリアンのピーターソン・クリサントがベテランコンペティターのジャックフリーストンとの激戦を制した。4フィートほどの波で、2人のレギュラーフッターがあつい戦いを繰り広げた。それはベテランの熟練VS新人ルーキーと言った感じで、若々しさという対照的なスタイルとの戦いとなった。そんな戦いを制したのが、早めのレギュラーの波を綺麗に乗りこなし、高得点を出したのがピーターソン・クリサントだ。

「Volkswagen SA Open of Surfing pres by Hurley」ウィメンズで日本の松田詩野が2位、野中美波が3位と大健闘!!!
絶好なコンテスト日和となった南アフリカで「Volkswagen SA Open of Surfing pres by Hurley」が開催された。そんな中でも、素晴らしいサーフィンを見せたゾー・マクドガルとルーク・スリペンが見事エリザベスビーチの覇者となった。1日を通じて3フィートの波が押し寄せるコンディションのなか世界各国から集まったジュニアサーファーが波の変化に対応じた素晴らしい演技を披露した。ウィメンズセミファイナルのヒート1目は、なんと野中美波と松田詩野がクラッシュする日本人同士の対決となった。先日開催されたQS1000の「 Jordy Smith Cape Town Surf Pro pres by O’Neill」で優勝をおさめた野中であったが、松田の前にあと一歩及ばず惜しくもファイナル進出を逃し、松田がファイナルへと進んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加