日本の、野中美波が大舞台で躍動!「Jordy Smith Cape Town Surf Pro press by O’Neill」を制する!!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

日本の、野中美波が大舞台で躍動!「Jordy Smith Cape Town Surf Pro press by O’Neill」を制する!!
日本の野中美波とオーストラリアのジョーダン・ローラーが、「Jordy Smith Cape Town Surf Pro press by O’Neill」 を制した。小波ではあったが形の良いビッグベイの波で、素晴らしいサーフィンを披露した2人のサーファーが見事優勝を成し遂げた。最終日にはサイズが下がり沿岸の風も厳しくなり、難しいコンディションとなったがコンテストには十分な波となった。ウィメンズでは、セミファイナルのヒート1でニコル・パレットが試合での経験と実力を見せて1位通過。日本の野中は、リスクのある技をしっかりとメイクしながら2位でラウンドアップした。セミファイナルのヒート2では、2人の南アフリカのグーフィーサーファー、サラー・バウムとケイラー・ノグエイラが1位、2位でラウンドアップを果たした。

シーズン2戦のグロムシリーズ「Billabong Super Kids Challenge Shonan 2018」が7月8日(日)に湘南で開催される。
2018年のWSLジャパンレッグ第3戦となる「Billabong Super Kids Challenge Sonan 2018」が7月8日(日)に神奈川県藤沢市鵠沼海岸で開催される。翌日の9日から始まるQS1500「Murasaki Shonan Open」の前哨戦としても非常に盛り上がる大会となるでしょう。18歳以下のJunior(ジュニア)のいまや予備軍として注目されるCadet(カデット)U-16と、そのカデットの育成を含めた戦いを親子で望む、Grommet(グロメット)U-12クラスが主役の大会となります。

ディフェイとカルドソがウルワツで激戦を制し、見事な勝利を飾る!!
ジョアン・ディフェイ (フランス) と ウィリアム・カルドソ (ブラジル)が3戦目となるウルワツでのWCTを制した(第3戦はウェスタンオーストラリアの大会が中断したため)。カルドソは日の出直後に始まったファイナルで4から6フィートの波をうまく乗りこなした。WCTのルーキーの彼は、形の良いウルワツの波で高得点を連発し、今イベント期間中、常に安定したサーフィンを見せた。今年のWCT年間チャンピョン最有力候補のジュリアン・ウィルソンと対戦したファイナルでも素晴らしいサーフィンを見せつけた。ジュリアン・ウィルソンは、たくさんの波に乗ったが、決定的な波をつかむことができなかった。一方のカルドソは、セットの良い波をつかみ、ヒートの合計15.57ポイントとなる高得点でジュリアン・ウィルソンを圧倒した。「Corona Bali Protected」のクオーターファイナルで敗北を喫したでの、その結果から反省をしたカルドソは次の機会では絶対に優勝を逃さないと決めていたようだ。試合終了間際にジュリアン・ウィルソンが逆転すべくキレのある技を披露したが、なんとかカルドソが逃げ切り、見事WCT初勝利を飾った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加