ビラボンプロ、タジ・バロウが優勝してました

ああ、見逃してしまいました。
南アフリカジェフリーズベイ(2007年7月21日土曜日)、WCT第5戦ビラボンプロのセミファイナルと、ファイナル。
ベスト4には、タジ・バロウ、ミック・ファニング、ケリー・スレーター・ディーン・モリソンが残り、決勝は、タジとケリー。
予選は溶けもいい波が来てましたが本戦での波は、本来のあのパワフルな波が出現しなかったようです。
結果は、Taj Burrow (AUS) 16.50 def. Kelly Slater (USA) 6.17 でタジ・バロウの優勝でした。
バロウは4回、スレーターは12回のライディング。いい波を選んで的確に乗ったタジの作戦がち?なのかな?
現在のランキングは、
Foster’s ASP World Tour Ratings after the Billabong Pro Jeffreys Bay:
1. Mick Fanning (AUS) 4860 points
2. Taj Burrow (AUS) 4286 points
3. Andy Irons (HAW) 3921 points
4. Kelly Slater (USA) 3840 points
5. Joel Parkinson (AUS) 3804 points
6. Damien Hobgood (USA) 3599 points
7. Bede Durbidge (AUS) 3057 points
8. Daniel Wills (AUS) 2942 points
9. Dean Morrison (AUS) 2838 points
10. Travis Logie (ZAF) 2810 points
ケリーも2位につけて順位を上げてきましたね。
第6戦は、9月にカリフォルニアのトラッセルズで開催されるブーストモバイルプロ、しばしの休憩です。
サーフィンの聖地である南アフリカのジェフェリーズ・ベイ。コンディションのいいときには1マイル以上もひとつの波に乗り続けられるという、パーフェクトな波が立つところとして知られている。映画「エンドレス・サマー」で紹介されてさらに有名になりました。ここで毎年開催されているのが、ビラボンプロ。・世界から厳選されたトップ・プロが参加する、大きな大会である。
ジェフリーズ・ベイ関係のDVDはこちら


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です