メンバーのみなさんについて

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

メンバーのみなさん
WSLメンバーシステムは、現在世界中で一時的に利用できない状態となっています。そのために調べられる可能な限りの技術的な問題を解決するためにあらゆる努力がなされている最中です。この期間中に締め切り時間を超えてしまう予定のイベントは、エントリーの締め切り日が延長されます。

レイキー・ピーターソンとイタロ・フェレリアがバリで大きな勝利を飾る!
レイキー・ピーターソンとイタロ・フェレリアがCT第5戦「Corona Bali Protected presented by Hurley」を制した。ファイナルデイの会場バリ島、クラマスは素晴らしい波が炸裂し、世界のトッププロたちが最高のパフォーマンス魅せた。ピーターソンは、今回の勝利によってジープリーダージャージを取り戻した。彼女は昨シーズン、2回しかファイナルに残れず、さらにそのどちらでも2位に甘んじていた。しかし、今シーズンは4戦のうち3回ファイナルに進出し、なんとそのうちの2戦で優勝を飾っている。

松田詩野が圧巻のパフォーマンスで「Gotcha Ichinomiya Chiba Open powered by Gravity Channel」Women’s QS 1,000を制した。
「Gotcha Ichinomiya Chiba Open Women’s QS 1,000 powered by Gravity Channel」 においてタヒチ出身の強豪、カレル・ポプクを抑えて日本の松田詩野が優勝を飾った。松田は1000QSポイントを獲得し、昨日のライアン・カリナンに続いてQSランキングを一気に高める大きな勝利を手にした。ポプクが早めの攻撃を仕掛けたのに対して松田はじっくりと波を選び、バックハンドの形の良い波を捕まえるとキレのある技を連発して8.57ポイントという高得点を叩き出した。松田は観客の声援を背にポプクにプレッシャーを与え続けながら徐々にバックアップスコアを伸ばしていき、最終的にはポプクのニードスコアを8.67ポイントが必要なところに追い詰めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加