レイキー・ピーターソンとイタロ・フェレリアがバリで大きな勝利を飾る!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

レイキー・ピーターソンとイタロ・フェレリアがバリで大きな勝利を飾る!
レイキー・ピーターソンとイタロ・フェレリアがCT第5戦「Corona Bali Protected presented by Hurley」を制した。ファイナルデイの会場バリ島、クラマスは素晴らしい波が炸裂し、世界のトッププロたちが最高のパフォーマンス魅せた。ピーターソンは、今回の勝利によってジープリーダージャージを取り戻した。彼女は昨シーズン、2回しかファイナルに残れず、さらにそのどちらでも2位に甘んじていた。しかし、今シーズンは4戦のうち3回ファイナルに進出し、なんとそのうちの2戦で優勝を飾っている。

WSLはウェスタンオーストラリアでキャンセルされた大会をバリのウルワツで完結することを決定。
ワールドサーフリーグ(WSL)はさきにウェスタンオーストラリアで開催されたCTイベント第3戦目となるMargaret River Proが先月サメの出没によって中断された大会を世界的にも有名な波で知られるバリ島のウルワツで再開して完結することを決定した。

「ICHINOMIYA SUPER KIDS CHALLENGE」 は地元一宮の岩見天獅が圧倒的な力をで初代チャンピオンとなる!
「ICHINOMIYA SUPER KIDS CHALLENGE」は一宮の志田ポイントをホームポイントにする岩見天獅(いわみ・てんし)が圧巻のパフォーマンスを見せつけ見事、初代チャンピョンに輝いた。5月27日、会場の志田下ポイントでは天気は快晴、波も腰から腹前後となりキッズサーファーにとっては絶好のコンテスト日和となった。QSも同時開催であったことから会場はいつも以上に盛り上がりを見せていた。前日までにクオーターファイナルまで進んでいたため、最終日の日曜日はセミファイナルからのスタートとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加