「ICHINOMIYA SUPER KIDS CHALLENGE」 は地元一宮の岩見天獅が圧倒的な力をで初代チャンピオンとなる!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

「ICHINOMIYA SUPER KIDS CHALLENGE」 は地元一宮の岩見天獅が圧倒的な力をで初代チャンピオンとなる!
「ICHINOMIYA SUPER KIDS CHALLENGE」は一宮の志田ポイントをホームポイントにする岩見天獅(いわみ・てんし)が圧巻のパフォーマンスを見せつけ見事、初代チャンピョンに輝いた。5月27日、会場の志田下ポイントでは天気は快晴、波も腰から腹前後となりキッズサーファーにとっては絶好のコンテスト日和となった。QSも同時開催であったことから会場はいつも以上に盛り上がりを見せていた。前日までにクオーターファイナルまで進んでいたため、最終日の日曜日はセミファイナルからのスタートとなった。

多国籍チームが歴史的イベントのWSLファウンダーズカップオブサーフィンに勝利した
今日、多国籍チームが、ワールドサーフリーグの「ファウンダーズカップオブサーフィン プレテッドバイMichelob ULTRA Pure Gold」に勝利して歴史を作った。多国籍軍(ワールドチーム)が~に勝ち新たな歴史を作った。WSLサーフランチで初めて開催された国別チームが技を競い合うコンテストで、世界最高峰の選手達がレベルの高いスキルを魅せる最高の試合会場となった。どこの国が強かったのを振り返ってみると、優勝したのは多国籍チーム、2位がチブラジルチーム、3位がアメリカチーム、4位がオーストラリアチーム、そして5位がヨーロッパチームとなった。多国籍チームは、南アフリカ出身のジョディ・スミスとビアンカ・ブテンバーグを筆頭にミシェル・ボーレズ(タヒチ) 、ページ・ハーブ(ニュージーランド)、カノア 五十嵐(日本)によって構成された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加