初日のラウンド144は極上な波での戦いとなった。について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

初日のラウンド144は極上な波での戦いとなった。
Shida Point Ichinomiya Chiba/Japan(2018年5月21日月曜日) – 今日のオープニング デーは、素晴らしい3から5フィートの波がパンピングした。オフショアでブルースカイは申し分のない最高のコンディションとなった。ほぼ一日中素晴らしい波が押し寄せて選手たちを興奮させ続けた。

地元の応援を背にうけローカルヒーローの田嶋鉄兵が激戦を制す!
田嶋鉄兵と安井拓海がASIA JAPAN TRIALを制し明日から始まる本戦へと駒を進めた。志田ポイントにて明日からメインイベントとなるる「GATCHA ITCHINOMIYA CHIBA OPEN powered by Gravity Channel」への2枚の出場権をかけたASIA JAPAN TRIALSが開催された。この予選で優勝するとメインイベントのラウンドオブ96、2位になるとラウンドオブ144への出場権が与えられる。本戦へ参加するための2つの枠を獲得すべく、釣ヶ崎海岸、通称”志田下”ポイントで38人の選手たちが熱い戦いを繰り広げた。そんな中、ローカルヒーローの田嶋鉄兵が激戦を制し見事本戦のラウンドオブ96へ、2位の安井拓海がラウンドオブ144へと駒を進めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加