地元の応援を背にうけローカルヒーローの田嶋鉄平が激戦を制す!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

地元の応援を背にうけローカルヒーローの田嶋鉄平が激戦を制す!
田嶋鉄兵と安井拓海がASIA JAPAN TRIALを制し明日から始まる本戦へと駒を進めた。志田ポイントにて明日からメインイベントとなるる「GATCHA ITCHINOMIYA CHIBA OPEN powered by Gravity Channel」への2枚の出場権をかけたASIA JAPAN TRIALSが開催された。この予選で優勝するとメインイベントのラウンドオブ96、2位になるとラウンドオブ144への出場権が与えられる。本戦へ参加するための2つの枠を獲得すべく、釣ヶ崎海岸、通称”志田下”ポイントで38人の選手たちが熱い戦いを繰り広げた。そんな中、ローカルヒーローの田嶋鉄平が激戦を制し見事本戦のラウンドオブ96へ、2位の安井拓海がラウンドオブ144へと駒を進めた。

WSLファウンダーズカップサーフィンにてスタジアムスタイルのサーフィン大会が素晴らしいデビューを果たした。
ワールドサーフリーグのファウンダーズカップオブサーフィン プレゼンテッドミクロブ・ウルトラ・ピュア・ゴールドが今日、WSLサーフランチで初となる公開イベントで素晴らしいパフォーマンスを見せた米国、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、ワールドチームとともに新しい歴史を作った。今日、5つのチームが最初の2試合を披露した。各チームの5人のメンバー全員が、4本の波(2本の左右レギュラー、グーフィーの権利)で最高得点を獲得する戦いとなった。今日の試合の後に、アメリカチームが1位ポジションを獲得し、続いてオーストラリア、ワールド、ブラジル、そしてヨーロッパチームとが続く結果となった。明日、各選手は、自らのチームが望むとおりの決勝に向けて勝ち上がるために2本の波に乗る1ラウンドのチャンスが与えられる(右左レギュラーとグーフィーに1本ずつ)。各選手のグーフィーのスコアとレギュラーの最も良いスコアがチームトータルに貢献する。10本の波(5人のチームメンバーのそれぞれがグーフィーとレギュラーのトップスコアを提供する)が最大1チームの合計が100まで加算されます。5チームのうち上位3チームがファイナルに勝ち上がる事となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加