WSLファウンダーズカップサーフィンにてスタジアムスタイルのサーフィン大会が素晴らしいデビューを果たした。について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

WSLファウンダーズカップサーフィンにてスタジアムスタイルのサーフィン大会が素晴らしいデビューを果たした。
ワールドサーフリーグのファウンダーズカップオブサーフィン プレゼンテッドミクロブ・ウルトラ・ピュア・ゴールドが今日、WSLサーフランチで初となる公開イベントで素晴らしいパフォーマンスを見せた米国、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、ワールドチームとともに新しい歴史を作った。今日、5つのチームが最初の2試合を披露した。各チームの5人のメンバー全員が、4本の波(2本の左右レギュラー、グーフィーの権利)で最高得点を獲得する戦いとなった。今日の試合の後に、アメリカチームが1位ポジションを獲得し、続いてオーストラリア、ワールド、ブラジル、そしてヨーロッパチームとが続く結果となった。明日、各選手は、自らのチームが望むとおりの決勝に向けて勝ち上がるために2本の波に乗る1ラウンドのチャンスが与えられる(右左レギュラーとグーフィーに1本ずつ)。各選手のグーフィーのスコアとレギュラーの最も良いスコアがチームトータルに貢献する。10本の波(5人のチームメンバーのそれぞれがグーフィーとレギュラーのトップスコアを提供する)が最大1チームの合計が100まで加算されます。5チームのうち上位3チームがファイナルに勝ち上がる事となる。

WSLの「FOUNDERS’ CUP OF SURFING PRESENTED BY MICHELOB ULTRA PURE GOLD」はチケットが完売され満員御礼となった。
ワールドサーフリーグは歴史的な週末の出来事「Founders’ Cup of Surfing presented by Michelob ULTRA Pure Gold」に向けて企画の準備を進めています。WSLのサーフランチでケリー・スレーターのテクノロジーを駆使し5000人以上の観客を動員して、アメリカ、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、そして多国籍軍が史上最高峰の人工波を使い5月5日と6日にかけてサーフコンペとフェスを開催する。

11回の元WSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)がQuiksilver Pro Gold Coastから正式に欠場を決めた。
過去11回のWSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)は、 昨シーズンの7月に負った足の傷のリハビリを理由に今大会を欠場することを発表した。「私がいま選択すべき最善のことは、このイベントをキャンセルすることだと思う」とスレーターは語った。「私の直感では、この怪我を理由に一旦は完全に休息してすべてをリセットし、心と体を元に戻すことが大切だと感じています。 新しい年がスタートして前向きに考えれば、足は魔法のように自分の過去の数日間の間にしっかりとサーフィンが可能になるために他の多くの要因があることを判断した方が良いと感じました。過去2、3年の間に怪我と欲望と戦う経験が2度ありました。この足の負傷はこれらの多くの経験を象徴しています、キャリアの終わりと始まりの両方を指しているかもしれません」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加