ハンティングトンで日本をリードする、安井拓海の活躍について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

ハンティングトンで日本をリードする、安井拓海の活躍
まるでコンペサーフィンは自転車に乗るような感覚です。ーーサーファーはしばらく競争から離れていたも、彼が持っていたすべてのものが再びよみがえってくるものです。これは日本の安井拓海選手がジャックス・サーフボードプロの第3戦で電撃的なパフォーマンスを魅せ昨年のイベントチャンピオン防御をかけたヒイズノメ・ベテロを撃退したことに証明される。20歳となった彼は、ジュニアツアーのキャリアを終えて2年間ゼッケンを着ることはなく戦線から離れた当時のアマチュアトップのサーファーは、ベテランの大原洋人と並んで日本人トップサーファーの一人でもあった。

11回の元WSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)がQuiksilver Pro Gold Coastから正式に欠場を決めた。
過去11回のWSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)は、 昨シーズンの7月に負った足の傷のリハビリを理由に今大会を欠場することを発表した。「私がいま選択すべき最善のことは、このイベントをキャンセルすることだと思う」とスレーターは語った。「私の直感では、この怪我を理由に一旦は完全に休息してすべてをリセットし、心と体を元に戻すことが大切だと感じています。 新しい年がスタートして前向きに考えれば、足は魔法のように自分の過去の数日間の間にしっかりとサーフィンが可能になるために他の多くの要因があることを判断した方が良いと感じました。過去2、3年の間に怪我と欲望と戦う経験が2度ありました。この足の負傷はこれらの多くの経験を象徴しています、キャリアの終わりと始まりの両方を指しているかもしれません」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加