カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

サーフィンNEWS

カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。
ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)の2018年シーズンに向け、20歳の五十嵐カノア選手が日本人選手としてツアーに参戦することを公式発表した。 日本と米国の二つの市民権を持つ五十嵐は、東京で開催される2020年のオリンピックでサーフィンが史上初の採用となったことを受けて代表国を日本にすることに決めた。「私は、今年のWSLチャンピオンシップツアー(CT)から日本人代表選手として参戦します」と五十嵐は語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加