フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)がWSLワールドジュニアチャンピオンシップに勝利し、安室 丈(日本)とサマー・マセード(HAW)が準優勝となる。について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

サーフィンNEWS

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)がWSLワールドジュニアチャンピオンシップに勝利し、安室 丈(日本)とサマー・マセード(HAW)が準優勝となる。
フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)は、ニューサウスウェルズのカイヤマで開催された「2017 WSLメンズ&レディース、ジープ ワールドジュニアチャンピオンシップ」を制した。バンボービーチでの最終日は3から4フィートの波で、28ヒートが行われた。ジープ・ワールド・ジュニア・チャンピオンシップの開幕を目前に、足首の怪我や飛行予定のエラーが発生したにもかかわらず、フィン・マッギル(ハワイ)は、2017年のタイトルを獲得するために勝ち上がった。 マッギルはなかなか点が伸びないサーフィンをしている安室 丈(日本)に対して、2つの優れたウェーブスコア(8.00と8.90)を獲得して電光石火のパフォーマンスを見せつけトータルスコアを16.90にした。 マッギルは最後のヒートで大きなバックサイドのターンを連続で成功させ、安室がマッギルからリードを逆転するために必要なスコアを2の演技を組み合わせなければ取り戻せないコンボの状態に追い込んだ。

2X WSL World champion ジョンジョン・フローレンス(ハワイ)- Backstage
2017 WSL CTワールドチャンピオンは、2年連続ジョンジョン・フローレンス(ハワイ)に輝いた。CT最終戦の、パイプマスターズは、カウントダウン間際に、ジェレミー(フランス)に、8.33バックドアバレルで逆転され、ジョンジョンは2位となる。最終戦に相応しいドラマチックな、WSL CT2017年の、パイプラインマスターズ・ファイナルデーとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加