万寧(ワンニン)が主催する「Corona Open China」が2020年のワールドサーフリーグクォリファイシリーズとして開催されるについて

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

万寧(ワンニン)が主催する「Corona Open China」が2020年のワールドサーフリーグクォリファイシリーズとして開催される
中国の万寧が主催する、2020年ワールドサーフリーグ(WSL)クォリファイシリーズ(QS)「Corona Open China hosted by Wanning」を海南島の日越湾(リュウベイ)の完璧な左レフトハンダーで開催することを決定した。 メンズ、ウィメンズを合わせたQS5,000イベントは、世界中から200人以上の選手が参加予定で、エリート選手が戦う、WSLチャンピオンシップツアー(CT)の出場権を確保するために重要なクォリファイポイントが高得点獲得できる大会でもある。

カリッサ・ムーアが通算4度目のワールドタイトルを獲得し、ステファニー・ギルモアが通算5度目となる「lululemon Maui Pro」で優勝
今日、カリッサ・ムーア(ハワイ)は、WSLウィメンズワールドチャンピオンシップツアーの最終目的地となる「lululemon Maui Pro」で2019 World Surf League(WSL)の世界タイトルを獲得した。 ムーアの勝利は、東京2020オリンピックの暫定的な資格も得る結果となった。 彼女は17歳のキャロライン・マークス(米国)を破り、4回目の世界タイトルを獲得したが、来年の東京オリンピックでのサーフィンデビューで、アメリカを代表2人のうち1人になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加