巨大な波の到来でキックスタートした2019年「台湾オープン世界ロングボード選手権」について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

巨大な波の到来でキックスタートした2019年「台湾オープン世界ロングボード選手権」
2019年「台湾オープン世界ロングボードチャンピオンシップ」が金樽港(ジンズンハーバー)で開催され、イベント帰還の初日には盛大な競争が見られた。コンペティターは、6フィートを超える巨大なクリーンな波と戦い、メンズとウィメンズのラウンド1を完了し、メンズのラウンド2、2ヒートを行った。現在のWSLロングボードツアーのランキングリーダーでのジャスティン・クィンタル(米国)は、彼が初の世界タイトルを決める可能性を抱えて台湾に乗り込んできた。勝利に飢えた他の選手がかかとを締めて、クィンタル自身は勝つチャンスを自分に与えるために、1日目に戦略はレギュラーからスタートし、オージーのジャック・エントウィッスル(オーストラリア)とニコラス・ブリューワー(オーストラリア)の2人は、最初のラウンドマッチアップに勝ち、彼は今ラウンド3に進み、勝利に向けての一歩を踏み出した。

「lululemon Maui Pro」は明日、確実なウネリと共にスタート準備に入る。
ワールドサーフリーグ(WSL)ウィメンズチャンピオンツアー(CT)の最終決戦の場となる「The lululemon Maui Pro」は、今日は休みとなりますが、明日から始まります。12月1日午前7時35分、シードラウンド1、エリミネーションラウンド2、ラウンド16が行われます。ライブブロードキャストは現地ハワイ時間の午前7時から開始されます。「今日もアップデートのために、ルルレモン・マウイプロの会場に来ましがとても良い感じです」と、WSLツアーおよびコンペティション担当バイスプレジデントのジェシ―・マリーダイヤーが語った。私たちは、明日の午前7時35分(HST)に開始する予定で、最初のウィメンズ3ラウンドまでを行うことを検討しています。彼女たちにとって重要な日であり、私たちは6から8フィートでかなり良いコンディションになることが期待しています。」

ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!
ツヅキ・アムロ(日本)とルーカス・ビセンテ(ブラジル)が、2019年の「Taiwan Open of Surfing」のメンズとウィメンズのWSLワールドジュニアチャンピオンとなった。 コンテストの最終日は、金樽港(ジンズンハーバー)に頑強な手に負えないほどの6から8フィートの波が押し寄せ、世界トップクラスのジュニアサーファーがこれにテストされ、歴史的な偉業を成し遂げこの厳しい環境をバラ色の雲の上に変えた。カリフォルニアのケード・マットソンとアリッサ・スペンサーの2人が決勝で準優勝となり、このペ厳しい戦いをした。ツヅキ・アムロ(日本)は今日、新たに歴史を作り、日本初のWSLジュニアワールドサーフィンチャンピオンになった。そして最後は、すべてのヒートで高得点を記録して決勝に進出してきた、アリッサ・スペンサー(アメリカ)と対戦した。決勝日は、彼女にとって以前のヒートのようにはいかず異なり、都筑(ツヅキ)が最終ヒート全体的を制御し、2本の波の組み合わせを13.00(可能な20のうち)として、最終的には彼女がワールドタイトルのトロフィーを得る結果となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加