ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!
ツヅキ・アムロ(日本)とルーカス・ビセンテ(ブラジル)が、2019年の「Taiwan Open of Surfing」のメンズとウィメンズのWSLワールドジュニアチャンピオンとなった。 コンテストの最終日は、金樽港(ジンズンハーバー)に頑強な手に負えないほどの6から8フィートの波が押し寄せ、世界トップクラスのジュニアサーファーがこれにテストされ、歴史的な偉業を成し遂げこの厳しい環境をバラ色の雲の上に変えた。カリフォルニアのケード・マットソンとアリッサ・スペンサーの2人が決勝で準優勝となり、このペ厳しい戦いをした。ツヅキ・アムロ(日本)は今日、新たに歴史を作り、日本初のWSLジュニアワールドサーフィンチャンピオンになった。そして最後は、すべてのヒートで高得点を記録して決勝に進出してきた、アリッサ・スペンサー(アメリカ)と対戦した。決勝日は、彼女にとって以前のヒートのようにはいかず異なり、都筑(ツヅキ)が最終ヒート全体的を制御し、2本の波の組み合わせを13.00(可能な20のうち)として、最終的には彼女がワールドタイトルのトロフィーを得る結果となった。

台湾のWSL「World Junior Championships」3日目のコンペティションのバトルは内容の濃い戦となった。
WSL「World Junior Championships」は2019年台湾オープンサーフィンの一部として、メンズラウンド2とラウンド3の4ヒートまでが、かなりきつい風中で行われてた。ラウンド3のオープニングヒートが行われると、メンズクォーターファイナルの最初の4つのスポットが埋められた。日本の安土丈(JPN)はWSL「World Junior Championships」ではよく知られたサーファーの一人です。今回のトロフィー挑戦は3回目のタイトルになります。2017年、爆発的に若い、レギュラーフッターの彼はファイナルまで進み、フィン・マクギル(ハワイ)に勝利を許し世界2位になった。 2019年、安土は台湾での目標を明確にした。それはさらに一歩前に進んで、彼が自身初ワールドジュニアタイトルを獲得し、2020チャレンジャーシリーズでスポット獲得を示唆している。

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する
2019年「 World Junior Championships」は、台湾の金樽港での2日目の「Taiwan Open of Surfingの一部として継続されている。大会の2日目は、水をえた魚のように生き生きとしたサーファーたちが浴びて3から4フィートの波を忙しく波を捕まえ、クォーターファイナルまでの8人を選び出した。WSLウィメンズワールドチャンピオンのキラ・ピンカートン(米国)が台湾でその日の最高の2本のベストトータルスコアでオープニングラウンドヒートを支配した。ピンカートンの記録した16.76(可能な20のうち)は、金樽の長いレフトの壁に鋭いバックハンドアプローチをくりかえした。 ピンカートンは第1ラウンドと第3ラウンドを通じて、今日のパフォーマンスで再び台湾で他のサーファーを圧勝する予感を魅せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加