台湾のWSL「World Junior Championships」3日目のコンペティションのバトルは内容の濃い戦となった。について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

台湾のWSL「World Junior Championships」3日目のコンペティションのバトルは内容の濃い戦となった。
WSL「World Junior Championships」は2019年台湾オープンサーフィンの一部として、メンズラウンド2とラウンド3の4ヒートまでが、かなりきつい風中で行われてた。ラウンド3のオープニングヒートが行われると、メンズクォーターファイナルの最初の4つのスポットが埋められた。日本の安土丈(JPN)はWSL「World Junior Championships」ではよく知られたサーファーの一人です。今回のトロフィー挑戦は3回目のタイトルになります。2017年、爆発的に若い、レギュラーフッターの彼はファイナルまで進み、フィン・マクギル(ハワイ)に勝利を許し世界2位になった。 2019年、安土は台湾での目標を明確にした。それはさらに一歩前に進んで、彼が自身初ワールドジュニアタイトルを獲得し、2020チャレンジャーシリーズでスポット獲得を示唆している。

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する
2019年「 World Junior Championships」は、台湾の金樽港での2日目の「Taiwan Open of Surfingの一部として継続されている。大会の2日目は、水をえた魚のように生き生きとしたサーファーたちが浴びて3から4フィートの波を忙しく波を捕まえ、クォーターファイナルまでの8人を選び出した。WSLウィメンズワールドチャンピオンのキラ・ピンカートン(米国)が台湾でその日の最高の2本のベストトータルスコアでオープニングラウンドヒートを支配した。ピンカートンの記録した16.76(可能な20のうち)は、金樽の長いレフトの壁に鋭いバックハンドアプローチをくりかえした。 ピンカートンは第1ラウンドと第3ラウンドを通じて、今日のパフォーマンスで再び台湾で他のサーファーを圧勝する予感を魅せた。

サンセットオープンのクラッシックなコンディション
ワールドツアーの最後のイベントとなる「Vans World Cup of Surfing」の初日は、きれいな西のうねりがヒットし、ローカルおよびインターナショナルサーファーがワールドサーフリーグ(WSL)のメンズクォリファイシリーズ(QS)とバンズトリプルクラウンオブサーフィンの2個目の宝石を手に入れるために。、サンセットビーチの洗練されたコンディションを満喫した。ちょうど昨日、同じうねりが2019「Haleiwa Hawaiian Pro」の勝者、フレデリコ・モライス(PRT)を7マイル先のハレイワアリイビーチで勝利し、彼は現在バンズトリプルクラウンタイトルレースで優位な順位に立っているが、 この先128人のサーファーがこの名誉を狙っている。元チャンピオンシップツアー(CT)サーファーで、最近パパとなった、パトリック・グダウスカス(アメリカ)は、午前中のベストスコアの1つを獲得した。グダスカスは、ヒートの最高のシングルウェーブを獲得したが、カルム・ロブソン(オーストラリア)は、彼最初のVans World Cupで印象的なパフォーマンスを見せ、0.20ポイント差で勝った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加