「lululemon Maui Pro」は今日と明日の開催をオフとした。について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

「lululemon Maui Pro」は今日と明日の開催をオフとした。
ワールドサーフリーグ(WSL)ウィメンズチャンピオンツアー(CT)の最終ストップとなる「lululemon Maui Pro」が今日オープンしたが、ホノルアベイは波が小さく今日、明日の2日間は連続で試合は行わない事を決定した。イベント主催者は、11月27日水曜日の午前7時30分(ハワイ時間)に再招集して、状況を再評価し、次のコールを決定した。「今日ホノルアベイの「lululemon Maui Pro」のアップデートのために来ました」と、WSLツアーおよびコンペティションバイスプレジデントのジェシー・マリー・ダイヤーが語った。「今日も明日も試合は行いません。 ベイにうねりが全く入ってこないからです。 常にここに入るうねりは、本当に完璧でなければならないのでこの状態ではオフとします。 サンクスギビングデー(感謝祭日)前後にはいくつかの波が上がる希望が少しありますが、間違いなく12月の最初のはじめの週には、かなりのうねりが入りそうなので楽しみにしています。私たちは常に波を待ちます、その波がいつここに着くかによって決定します。

「lululemon Maui Pro」:ワールドタイトルの対決は、ムーア、ピーターソン、マークスを出迎えている。
ワールドサーフリーグ(WSL)女子選手権ツアー(CT)の最終ストップである「lululemon Maui Pro」の開催期間が明日、現地時間の月曜日に正式にオープンする。開催期間は11月25日、2019年12月6日金曜日まで。ワールドタイトル候補のカリッサ・ムーア(HAW)、レイキー・ピーターソン(アメリカ)、そしてキャロライン・マークス(アメリカ)は、「luluemon Rising Tides」イベントの開催前日にホノルアベイに集まり、今後のワールドタイトルバトルレースと2020年の東京オリンピックへの暫定的な資格をも視野に入れて語りあった。

サーフィンQS3,000の台湾オープンの2日目にいよいよ門が狭まる。
「Taiwan Open of Surfing 」QS3,000の2日目は22ヒートが行われ、優勝への門が次第に狭まってきた。ラウンド3すべてのヒートをが完了し、ラウンド4は6ヒートまでが、2から3フィートのクリーンでファンな波で競技者を楽しませた。カリフォルニア、サンクレメンテのアップカーマーのケイド・マトソン(アメリカ)は、ラウンド3のヒート8で、トリップパートナーで親友のジェット・シリング(アメリカ)と対戦に挑戦する困難な状況のなか、彼はQSを通じて可能な限り多くの経験をここ金樽港で得たいと考えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加