LQS1,000イベント「Trump Onjuku Logger Pro」メンズがピッコロ・クレメンテが優勝、ウィメンズは地元、吉川広夏が優勝!!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

サーフィンNEWS


LQS1,000イベント「Trump Onjuku Logger Pro」メンズがピッコロ・クレメンテが優勝、ウィメンズは地元、吉川広夏が優勝!!
11月12日は前日からのオフショアが強く影響し波のサイズは格段に下がり、テクニカルな勝負を余儀なくされるコンディションとなった。前日のエクセレントコンディションとは全く変わり北東のオフショアが強まりスモールなコンディヂョンで迎えたファイナルデーは、ウィメンズのラウンド1からスタートした。今日の{Trump Onjuku Logger Pro」晴天のもとロングボードには最適なセットアップとなった。迎えたメンズクォーターファイナルでは、4強に立ち向かうベテランのローカルロガーユージンテールがスタイリッシュなノーズライドを見せ、安定した試合運びでここまで海外の選手を脅かしてきた浜瀬海、そして今後の活躍が非常に楽しみな新星ロガーの井上タカと地元のホープ岡田キョウヘイがセミファイナルへ勝ち上がった。

LQS1,000イベント「Trump Onjuku Logger Pro」は激しい嵐の中、エクストラグッドコンディションでの戦いとなった。
11月11日の大会会場付近の天候は大嵐から秋雨前線が北東の海上に通過する絶妙なタイミングとなり激しい嵐の後のエクストラコンディションが待ち構えていた。昨夜からの嵐の中、7:00am にファーストコールされコンディションの落ちつくのを待ち、11:30からメンズラウンド1スタートした。南西向きのサイドオンショアが残るが波のサイズはオーバーヘッドとなりワールドクラスのロングボーディングには格好のコンディションになった。ラウンド1、第2ヒートにてキョウヘイ・オカダが6.83+4.60をコンビネーションし11.43でこのラウンドのハイスコアを出した。

WSLジャパンツアー第7戦「伊勢志摩 Pro Junior」は劇的なファイナルで幕を閉じた!
2017年のWSLジャパンツアー第7戦目となるジュニアイベント「伊勢志摩 Pro Junior」のファイナルが10月15日(日)に三重県志摩市国府の浜海岸で開催された。あいにくの雨空となった伊勢志摩地方、国府の浜は無風に近いオフショアのコンディションとなったが波のサイズが極端に下がり、膝から腰波がファイナルを迎えた。昨日出揃ったU12グロメットクラスのクォ-ターファイナルからイベントは再スタートとなり、ヒート1では、ナガサワ・ユウマが6.50と5.65トータルスコア12.15でセミファイナルへ勝ち上がった。ヒート2では、イワミ・テンシが6.50と3.75のトータル11.05でセミファイナル勝ち上がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加