マスターズ史上最高のフィナーレ!アンディ、神がかり的勝利

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

波伝説より
http://www.namidensetsu.com/
【2006年12月14日木曜日、パイプライン、ハワイ】
 「バンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィング」の最終ステージであるASP-WCT最終戦「リップカールプロ・パイプラインマスターズ」が終了。5-8フィートのコンディションでファイナルデイが行われ、ハワイの3Xワールドチャンピオンのアンディ・アイアンズ(HAW)が、長年のライバルであるケリー・スレーター(USA)、コリー・ロペス(USA)、ロブ・マチャド(USA)との、36年間のパイプラインマスターズ史上もっとも素晴らしいフィナーレで、見事勝利を手に入れた。
http://www.namidensetsu.com/top2/cate_contest/index.php?no=r628
●ファイナル:
1.アンディ・アイアンズ(Haw)19.87
2.ケリー・スレーター(USA)17.73
3.コリー・ロペス(USA)12.50
4.ロブ・マチャド(USA)8.96
●2006年WCTレイティング
1.ケリー・スレーター(USA)8124ポイント
2.アンディ・アイアンズ(HAW)6948ポイント
3.ミック・ファニング(AUS)6828ポイント
4.タジ・バロウ(AUS)6480ポイント
5.ボビー・マルチネス(USA)6350ポイント
6.ジョエル・パーキンソン(AUS)6240ポイント
7.ダミアン・ホブグッド(USA)6096ポイント
8.トム・ホイッティカー(AUS)5138ポイント
9.テイラー・ノックス(USA)4880ポイント
10.ディーン・モリソン(AUS)4856ポイント
●2006年トリプルクラウン
1.アンディ・アイアンズ(HAW)4325ポイント
2.ジョエル・パーキンソン(AUS)4025ポイント
3.フレッド・パターチア(HAW)3200ポイント
4.タジ・バロウ(AUS)2829ポイント
5.ジョディ・スミス(ZAF)2829ポイント
なんか、これぞサーフィン!という、いい波の大会だったようですね~
スカパーのGAORAでの放送は決まってないようです。というか、去年もパイプラインの分はなかったような?
サーフィンスペシャル“レッティング ゴー”~ケリー・スレーター7度目の世界タイトルへの道~」
は、来年 1月11日 (木)23:00~24:00 に放送があるようです。
http://www.gaora.co.jp/surfing/letting/index.html

★人気blogRanking★40010Top波画像linkサーフィン、高知から。どらごん@波情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です