釣ヶ崎海岸に極上のスウェルが到来し、トップ選手が観客を大いに沸かす!について

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

釣ヶ崎海岸に極上のスウェルが到来し、トップ選手が観客を大いに沸かす!
「Gotcha Ichinomiya Chiba Open」のDay3は最高なコンディションの中で開催され、トップシード選手をはじめとした、ワールドクラスのアスリートが激しい戦いを繰り広げた。選手たちの素晴らしい演技を振り返ると、世界最高峰にふさわしい過去最高なコンディションと言える。元CT選手のナット・ヤングはDay3で一番初めのチューブライディングを披露し7.83ポイントをスコアした。ヤングはポルトガルで優勝したばかりで、この大会でも彼のチームメンバーと協力して良い結果を残したいと意気込みを語った。

セージ・エリックソンとコナ・オレアリーが 「Sisstrevolution and Vissla Central Coast Pro」を制覇する。
日本から参戦の脇田紗良(ワキタ・サラ)が堂々の準優勝となる!!ウィメンズのQS『The Sisstrevolution Central Coat Pro』において日本の脇田紗良(ワキタ・サラ)が世界の強豪を打ち破り、見事な準優勝を成し遂げた。また、QS『Vissla Central Coat Pro』に出場したコナ・オレアリーがメンズ優勝を成し遂げ、来年のCT参戦へ向けて絶好な位置につけてきた。オーストラリのセントラルコーストに位置するアボカ・ビーチで開催されたファイナルデーは3?4フィートのレギュラーの波が押し寄せ、世界各地の選手たちが熱い戦いを繰り広げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加