ケリー・スレーターが2020年東京オリンピック選考、フルタイムコンテストの引退について語るについて

サーフィングッズや気になる商品を検索できます。

ケリー・スレーターが2020年東京オリンピック選考、フルタイムコンテストの引退について語る

30年近く第一線で活躍して11度もワールドタイトルを獲得しているケリー・スレーターはサーファーの象徴とも言える。 47歳になった今年に12度目のタイトルを獲得する可能性さえあり、2019年シーズンの大局的な考え方も話して…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加